CSRな社員より


「名古屋城外堀に生息するヒメボタル講演会・鑑賞会」に参加しました!

みなさん、はじめまして。
CSR推進部 環境保全推進室の「プーさん」です。

ライオンでは2020年までの環境目標Eco Vision 2020の目標の1つに「全事業所での生物多様性保全活動実施」を掲げています。

昨年より名古屋オフィスは生物多様性保全活動として、名古屋城の外堀に生息するヒメボタルの保護活動に取り組んでいる地元の団体「名古屋城外堀ヒメボタルを受け継ぐ者たち」の活動をサポートしています。
外堀の清掃活動や鑑賞会への参加、活動内容広報のためのチラシ作成の支援が主な内容です。

今回はその活動の一環として「名古屋城外堀ヒメボタルを受け継ぐ者たち」の竹内会長の講演とホタル鑑賞会に名古屋オフィスを中心に関係部所である総務部、CSR推進部を含む総勢30名が参加しました。

 

 

昭和28年に、当時のライオン歯磨が
名古屋市に寄贈したライオン像の前で集合写真

観察場所へ向かう途中、夕日の名古屋城に感動!

竹内会長の講演を聴いた後、生息地である護国神社境内でヒメボタルを観察しました。
観察開始の21時頃はなかなかホタルを確認できませんでしたが、時間が経つにつれて徐々に目にする事ができました。
飛び交ったり葉っぱにとまっていたり、ふと気付くと足元を歩いていたり、十数匹のヒメボタルを観ることができ感激しました!

竹内会長から「ホタルは深夜1時頃が一番多いので、是非観てください!と言われ、このようなチャンスは二度とないと考え、一度ホテルに戻りCSR推進部3名で再度1時頃に観に行きました。

教えていただいた場所に着いた瞬間、無数のホタルが飛び交う幻想的でとても美しい光景が目に飛び込んで来ました。
まさに「ホタルの小路」です! 人工的な明るさや美しさにはない自然がおりなす美しさ!
そして、何よりも感動をもたらす自然の偉大さを実感しました。

このような光景(感動)を次世代に受け継ぐ大切さ、「名古屋城外堀に生息するヒメボタルの保護活動」の重要性を再認識し「ホタルの小路」をあとにしました。

 

葉っぱのホタル

飛び交うホタル(素人が写真にするのはとても難しく・・・)
実際は多数のホタルが飛び交いとても幻想的で美しかったです!

一覧に戻る