CSRな社員より


石巻で洗濯に関する講習会を開催しました

みなさん、こんにちは。
ファブリックケア研究所の黒川です。

当社は東日本大震災復興支援の一環として、宮城県石巻市での活動を行っています。
2016年6月17日、石巻市営新蛇田第一集会所で「衣服の洗濯、梅雨時期の効果的な洗濯方法」という題目で講習会を行い、復興支援住宅にお住まいの方、38名にご参加いただきました。

 

  • 集会所前に立看板を出して頂きました

  • 急速に整備が進む集会所周辺

講習の第一部では洗濯洗剤に含まれる「界面活性剤」の効果について、実験を通してご覧いただきました。
参加者の皆様と一緒に「割れないシャボン玉」を作りました。手の上でシャボン玉をポンポンと弾ませると、驚きの声が上がっていました!
界面活性剤の面白さを体感いただけたかと思います。

 

  • 大勢の方に参加いただきました

  • シャボン玉の実験です。

第二部では梅雨の季節にぴったりな「部屋干しのコツ」について、洗濯物を早く乾かすためのテクニックなどのご紹介をいたしました。その後は、普段の洗濯の困りごとなど、質問会をさせていただきました。

 

  • 実験を交えた分かり易い講習会でした。

  • どんな質問でもベテラン研究員が
    お答えいたします。

今回お話した内容をご家庭でも実践して、清潔で快適な衣類の維持の一助としていただければ幸いです。
最後まで熱心に聞いていただき、ありがとうございました!