CSRな社員より


石巻で環境と洗濯に関する講習会を開催しました

みなさん、こんにちは。
ファブリックケア研究所の石塚です。

2016年7月21日、石巻の経済復興及び地域コミュニティ再生において、中核的役割を担う石巻信用金庫の職員の方々と、石巻市総合福祉会館みなと荘を利用される地域住民の方々を対象に、「ライオンの環境への取組み」及び「洗剤の基礎、お洗濯のコツ」等をお伝えするため、CSR推進部環境保全推進室 藤津室長、ファブリックケア研究所 神藤主任研究員(以降、主研)と共に石巻市を訪問いたしました。

 

復興の進む、石巻市(日和山公園から)

石巻信用金庫の講習会では、CSR推進部環境保全推進室 藤津室長が「環境問題の動向とライオンの取組み」という題目で、過去から現在に至るまでの環境問題の歴史的背景から、サステナビリティ社会※の実現に向けたライオンの取組みに関して、わかりやすく説明をしました。
説明中、メモを取ったり、頷かれている方も多く、ライオンの環境への取り組み(想い)をご理解いただけたようです。
※サステナビリティ社会=個人の生活、企業の事業活動が存続できるように地球環境を保つことの出来る社会

 

  • 冒頭、石巻信用金庫 遠藤常勤理事よりご挨拶

  • 説明をする藤津室長

続いて、ファブリックケア研究所 神藤主研が「お洗濯セミナー」という題目で、洗濯洗剤に含まれる「界面活性剤」の基礎から、衣料用洗剤「トップスーパーNANOX」の効果について、実験も交えて解説いたしました。
実験は「トップスーパーNANOX」の汚れ落としの力を実証するためのもので、紐から浮かび上がる汚れを見て、参加者からは「すごい!」という声があがり、製品の特長を充分に伝える事ができました。

 

  • 洗剤の解説をする神藤主研

  • 真剣に聞き入る信金の方々

  • 汚れ落しの実験で試験管を確認

  • 活発な質疑応答

午後は、石巻市総合福祉会館みなと荘にて、梅雨の時期に適した「部屋干しのコツ」について、洗濯物を早く乾かすためのテクニックなどと合わせて、私から紹介させていただきました。
またせっけんにまつわるクイズや「割れないシャボン玉」などの実験では、参加者の皆様は、童心に返ったように、楽しみながら講習を受けられていました。
その他、普段の洗濯に関する疑問・質問に答え、お洗濯に関する知識を深めてもらいました。

 

  • 説明をする石塚研究員

  • 講習風景

  • 「割れないシャボン玉」の実験

  • 講習風景

講習会では、簡単な実験も行う事で、より深くご理解いただけました。
お洗濯時に、早速実践していただけたらと思います。

今回、石巻の方々のお話を聞いたり、街中を歩いて感じたことは、みなさん誠実で明るく、地元石巻をとても大事にされていて、全体が優しい雰囲気に包まれている街だと感じました。
講習会では伝える立場でしたが、石巻に訪問したことで、自分自身様々なことを学ばせていただきました。
石巻の皆様、このような機会を与えて下さり、誠にありがとうございました。