CSRな社員より


石巻でラグビーを通じた復興支援を行いました

みなさん、はじめまして。
ライオンラグビー部(LION FANGS)主務の古宮章智です。

2016年9月4日(日)、石巻市でラグビー教室を開催しました。

地元の「石巻ライノス」「古川ラグビースクール」の2チームの子ども達に向けて、ラグビーの楽しさ、すばらしさを伝えることを通じて、元気を届ける活動を実施して来ました。
当日は子ども達だけでなく、コーチ・保護者を合わせ100名を越える方々に参加していただきました。

 

開会の挨拶をするラグビー部 小林部長(中央)

前半は学年ごとに3グループ(小学校1・2年、3・4年生、5・6年生)に分かれて練習を行いました。
それぞれの学年にあった練習を部員が考え、参加した子ども達が、笑顔で楽しみながらラグビーが出来るプログラムを実施しました。

後半は、生徒全員とコーチ、保護者(お父さん、お母さん)、が加わり、4チーム対抗のリレー大会を行いました。
普段は選手だけが主役ですが、コーチ、お父さん、お母さんも一緒にリレーをした事により参加者全員が主役になれる非常に良いプログラムとなりました。

最後にライオンちゃんのぬいぐるみや、ライオン製品、ハブラシのつかみ取りなどができるくじ引き大会を行い、終始笑顔が絶えないイベントにする事が出来ました。

 

ラグビー教室で広いグラウンドを走る子どもたち

  • 4チームで親子対抗リレー

  • お楽しみくじ引き大会で、ライオンちゃんから
    バスタオル

ハブラシのつかみ取りで、両手いっぱいハブラシ

今年で5回目という事で、子ども達の成長を感じる事が出来たのは、非常にうれしい事です。
初めて来た時には2年生だった子が、今年は6年生に(当たり前ですが・・・)。
しかも、その子がチームのキャプテンを任されており、『今年も来るのを楽しみにしてたよ』と言われた時は、非常に感慨深いものがありました。

今回も石巻の子ども達と楽しい時間を過ごし、沢山の笑顔が溢れ、元気を届けるつもりが、逆にライオンラグビー部が子ども達から元気をいただきました。

また最後になりましたが、ラグビー教室の前日に、震災で被災した大川小学校を訪問し、当日震災にてご自身のお子様を亡くされた方より、心に響く貴重なお話を聞かせていただきました。
お話を聞く事により、私たちが復興支援として「love.石巻」プロジェクトを実施する意味を再認識するとともに、今回のプロジェクトを継続する事の重要性に気付く事が出来ました。

本当に貴重なお話をありがとうございました。

真剣に話を聞くメンバー

真剣に話を聞くメンバー

ライオンラグビー部は9月18日(日)明治安田戦より公式戦が開幕します。
今シーズンは12月までに全7試合、ライオン千葉工場グランドを中心に熱い戦いを実施します。
中でも11月13日(日)の船岡自衛隊戦は、石巻市総合運動公園 石巻フットボール場で開催され、今回、石巻でラグビーを教えた子ども達にも応援に駆け付けてもらえる予定です。

石巻でもらった元気と、みなさんの応援を力に変えて、1試合でも多く勝利したいと思います。
是非とも会場にお越しいただき、応援の程よろしくお願い致します。

 

全体写真