CSRな社員より


「雨活アイデアコンテスト2016」の表彰式を東京スカイツリー®で行いました

みなさん、こんにちは。
CSR推進部の「しまきち」です。

ライオンでは水環境意識の啓発を目的として、2011年より毎年、NPO法人 雨水市民の会と協働で全国の小中学生を対象に「雨活アイデアコンテスト」を実施しています。
2016年も5~10月に雨水の有効活用のアイデアを4つの部門(作文・ポスター・自由研究(自由表現)・標語)で募集したところ、9,289作品の応募がありました。

2017年1月28日、東京スカイツリーに各部門の小学生の部、中学生の部でそれぞれ最優秀賞を受賞した子どもたち7名(1名病欠)とそのご家族をご招待して表彰式を行いました。

 

  • 主催者を代表してライオン㈱小林取締役の挨拶でスタート

    主催者を代表してライオン㈱小林取締役の
    挨拶でスタート

  • 会場と素敵なお土産をご提供くださった東武タワースカイツリー㈱新家取締役にもご挨拶いただきました。

    会場と素敵なお土産をご提供くださった東武タワースカイツリー㈱新家取締役にも
    ご挨拶いただきました。

  • 小学生の部の表彰の様子

    小学生の部の表彰の様子

  • 中学生の部の表彰の様子

    中学生の部の表彰の様子

表彰の後は司会の戸澤真帆さんから子どもたちにインタビューをしました。
作品誕生の裏話や、作品にまつわる特技の実演もあり、会場は大いに盛り上がりました。

  • 授業で標語を考えたそうです

    授業で標語を考えたそうです

  • 作文に登場した能をお母さんの謡に合わせて舞ってくれました

    作文に登場した能をお母さんの謡に合わせて
    舞ってくれました

  • 戸澤さん(右)はご家族にもどんどん話を振り、会場の笑いを誘っていました

    戸澤さん(右)はご家族にもどんどん話を振り、会場の笑いを誘っていました

  • 息子さんがポスターを3回も描き直して応募した頑張り屋であることを、お父さんが教えてくれました

    息子さんがポスターを3回も描き直して
    応募した頑張り屋であることを、
    お父さんが教えてくれました

お子さんを想う親御さんの気持ちが伝わってきたり、家族のドラマが垣間見えたりして、とても感動しました。

皆さん、お子さんの晴れ姿を家族全員で画像に収めていましたが、カメラではなく携帯やタブレット端末で動画を収めている方も多く、時代を感じました(笑)。

表彰の後は、審査委員を代表して、最終審査委員を勤める雨水市民の会・山本理事長から講評をいただきました。

雨水市民の会・山本理事長

雨水市民の会・山本理事長

会場にはライオンちゃんも駆けつけて、皆さんとたくさん触れ合いました。

  • “仲良し3きょうだい”と

    “仲良し3きょうだい”と

  • 小さな弟くんにも喜んでもらえました

    小さな弟くんにも喜んでもらえました

  • ハグ!!!

    ハグ!!!

  • お父さんも♪

    お父さんも♪

主催者両代表にもらったサインを手に、一家で記念撮影

主催者両代表にもらったサインを手に、一家で記念撮影

最後に全員で集合写真を撮り、表彰式はお開きとなりました。
その後は各ご家族で東京スカイツリーの天望デッキと展望回廊に昇っていただきました。

 

東京スカイツリー公式キャラクター ソラカラちゃん(後列左端)も駆けつけてくれました

東京スカイツリー公式キャラクター ソラカラちゃん(後列左端)も駆けつけてくれました

とても和やかな表彰式になったと思います。
笑顔のご家族を目の当たりにして、お祝いしているこちらの心もとても温かくなりました。

  • 自身の作品の前でポーズ

    自身の作品の前でポーズ

  • 賞状をもらってニッコリ

    賞状をもらってニッコリ

晴れ姿

晴れ姿

受賞者のみなさんには、この喜びを励みに、今後も水を大切にするエコな大人に成長していただけたら嬉しいです^^。
小中学生のみなさん、次回はあなたのアイデアをお待ちしています。

 

一覧に戻る