CSRな社員より


山梨市と「オーラルヘルスケアリーダー養成講習会」第2回を開催しました

みなさん、こんにちは。
CSR推進部の「しまきち」です。

2017年1月26日の記事→ 記事はコチラでもお伝えしたように、山梨市役所の健康増進課が主体となり、市の保健師の方々を「オーラルヘルスケアリーダー」(以下、リーダー)として養成することをライオンがサポートしています。

2017年2月7日、リーダー養成講習会の第2回目を開催しました。
今回も講師は公益財団法人ライオン歯科衛生研究所の亀田歯科衛生士が勤め、成人に対する歯科情報(歯の有無による見た目、口臭、歯周病と喫煙、糖尿病の関係など)と伝え方について講演しました。

 

保健師の皆さんは集中して講義に聞き入っていました

保健師の皆さんは集中して講義に聞き入っていました

特に歯周病の他に顎関節症(がくかんせつしょう)、歯列接触癖(しれつせっしょくへき)、知覚過敏など今回新たにお伝えする情報もあったので、保健師の皆さんにとっては興味津々だったようで、熱心にメモを取られていました。

また、講習会では「歯並べ」という、下の歯の模型を自分たちで並べてみる実習も行いました。
左右の形の違いもあったり、案外難しかったようです。

 

真剣に取り組みました

真剣に取り組みました

この講習会は6月まで毎月続きますので、保健師の皆さんに楽しく続けていただけるよう、これからもサポートしていきます。

 

一覧に戻る