CSRな社員より

(一社)日本化学工業協会よりJIPS賞奨励賞を受賞しました

みなさん、こんにちは。
CSR推進部 環境保全推進室の「はる」です。

この度ライオンは、化学企業の業界団体である(一社)日本化学工業協会(以下、日化協)からJIPS賞(ジャパン・イニシアチブ・オブ・プロダクト・スチュワードシップ賞)の奨励賞を受賞しました。
JIPS賞は、2017年に初めて日化協が創設した賞であり、日化協のシステムに沿って化学物質の安全性に関する情報を自主的に公表し、化学業界が社会の信頼を得るための活動への貢献に対して贈られる賞です。

ライオンは、独自の洗浄成分 MES(アルファスルホ脂肪酸エステルナトリウム)が人の健康や環境への影響の点で問題無いという情報を環境・安全性評価センターが作成し、公表したことが評価され、奨励賞を受賞しました。
授賞式は、日化協の化学品管理委員会の中で執り行われ、唐津委員長(㈱三菱ケミカルHD執行役専務)から賞状を頂きました。

 

賞状を持って、ニッコリ

賞状を持って、ニッコリ

受賞式は華美にならないように定例の委員会の中で開催されましたが、多くの会員企業の委員の皆さんが注目する中で厳かに執り行われたため、賞状を頂く時にはとても緊張しました。

創設直後の第一回の受賞ということもあり、大変光栄なことだと思っています。
関係の皆様に感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

 

一覧に戻る