CSRな社員より

若手社員の研修で保育園・幼稚園での手洗い啓発活動を実施しました

みなさん、こんにちは。
CSR推進部のがんちゃんです。

ライオンは、企業の社会貢献活動の一環として、手洗い啓発活動を全国で行っています。
ハンドソープシェア国内No.1企業としてその得意分野を生かし、幼稚園・保育園に社員が出向き、子どもたちが幼少期から正しい手洗い方法を身につける事を目標に活動しています。

今回、北海道・東北地区では入社数年次の若手社員研修の一環として、復興支援活動にも取り組んでいる宮城県石巻市の「湊こども園」にて、2017年2月10日に手洗い啓発活動を実施いたしました。

 

湊こども園の園庭にある雨水タンクは2015年にライオンから寄贈されました。※冬期は、凍結対策で傘のシートは畳んでいます。

湊こども園の園庭にある雨水タンクは2015年にライオンから寄贈されました
※冬期は、凍結対策で傘のシートは畳んでいます

「湊こども園」でのオープニングでは、大勢の園児たちをハイタッチでお出迎えしました。
元気のいい子は、パチーン!と思いっきり手を合わせてきます。

加納園長先生のご挨拶のあと、いよいよスタートです。
プログラムは大きく2部構成になっています。

まずキレイキレイファミリーのよしお君が主人公の「手洗い紙芝居」で、手洗いの大切さを園児に知ってもらいます。
続いて「おててをアラウータンたいそう」でアラウータンやライオンちゃんから、正しい手洗いの方法を学びます。

 

オープニングでは、子ども達は元気にハイタッチで入場

オープニングでは、子ども達は元気にハイタッチで入場

手洗いをいい加減にした主人公のよしおくんがバイキンさまに散々おどかされる「手洗い紙芝居」のあとは、「アラウータンたいそう」です。

体操では、アラウータンのお兄さんとライオンちゃんが登場します。
特にライオンちゃんは、子どもたちの人気者です。
アラウータンに呼ばれて、ライオンちゃんが登場する場面では、ひときわ大きな歓声があがりました。

 

  • 手洗い紙芝居は、みんな真剣に聞き入ってくれました

    手洗い紙芝居は、みんな真剣に聞き入ってくれました

  • 「アラウータンたいそう」で手洗いのポーズ!

    「アラウータンたいそう」で手洗いのポーズ!

  • 爪の間をゴシゴシ洗うんだよ!ライオンちゃんから直接指導です。

    爪の間をゴシゴシ洗うんだよ!
    ライオンちゃんから直接指導です

  • ライオンちゃん人形を背負って参加してくれている子がいました!

    ライオンちゃん人形を背負って参加してくれている子がいました!

全体で45分程のプログラムですが、参加した社員たちからは、キレイキレイというブランドやライオンちゃんというキャラクターが想像以上に浸透している事に驚いたようです。
普段の業務では接する事の少ない子どもたちと触れ合うことができ、当社が子どもたちに、どのように認知されているのかを、身をもって知る事もできたようです。

 

終了後、先生から丁寧な感想と御礼を頂きました

終了後、先生から丁寧な感想と御礼を頂きました

ライオンの手洗い啓発活動には大きな目標があります。
入社数年の時点で職種を問わずこの研修を受ける事で、2050年にはほぼ全社員が一度は手洗い啓発活動を経験する事になる予定です。
(今回の研修では全国6地区17箇所で実施し、計70名が参加しました。)

これからもハンドソープを製造・販売する企業の社員として、誇りを持って頑張りたいと思います。