CSRな社員より

「雨活アイデアコンテスト2016」団体奨励賞の八幡市立男山東中学校を訪問しました

みなさん、こんにちは。
CSR推進部の「しまきち」です。

ライオンでは2011年より水環境意識の啓発を目的として、毎年、NPO法人 雨水市民の会と協働で全国の小中学生を対象に「雨活アイデアコンテスト」を実施しています。
2016年も5~10月に雨水の有効活用のアイデアを4つの部門(作文・ポスター・自由研究(自由表現)・標語)で募集したところ、9,289作品の応募がありました。

優秀な作品を数多く応募いただいた2団体には、「団体奨励賞」が贈られます。
そのうちの一つである八幡市立男山東中学校(京都府)を2017年2月24日に訪問し、表彰式に参加してきました。

男山東中学校でも、ウェルカム・ボードが迎えてくれました!とても嬉しかったです。

男山東中学校でも、ウェルカム・ボードが迎えてくれました!
とても嬉しかったです。

男山東中学校は作文部門に優秀な作品を数多く応募してくださいました。
普段から、論理的思考を鍛える授業改善に取り組まれているそうで、理科の授業では自ら疑問を持ち、解決する力を育成することに励まれているとの事です。

今回、雨活アイデアコンテストには学校をあげて1~2年生の入賞を目指す取り組みとして、新聞、作文づくりで特訓してくださっていたそうです。
この日は期末試験の最終日で、試験後に全校生徒の皆さんが体育館に集まってくださいました。

 

こんなに沢山いても私語は無く、お行儀の良い生徒さん達でした

こんなに沢山いても私語は無く、お行儀の良い生徒さん達でした

同校からは個人賞としても1年生の藤林咲恵さんが努力賞を受賞しました。
坂口校長先生のご挨拶の後、ライオンの小竹CSR推進部長から、努力賞の表彰を行いました。
次に団体奨励賞の表彰には、藤林さんを含む代表の3名の生徒が学校代表で登壇し、賞状、盾、副賞の目録を受け取りました。

 

(左から)代表の藤林咲恵さん、小西霧斗さん、勝灯理さん

(左から)代表の藤林咲恵さん、小西霧斗さん、勝灯理さん

最後に小竹CSR推進部長が主催者を代表して挨拶しました。

同校には団体奨励賞の副賞として雨水タンクを2基寄贈しました。
表彰式の後、校長先生が雨水タンクの設置場所に案内してくださいました。
雨水タンクは花壇で育てる野菜や花への散水に使われるそうです。

 

寄贈した雨水タンクと一緒に。坂口校長先生(中央)、小竹CSR推進部長(左)、しまきち

寄贈した雨水タンクと一緒に。
坂口校長先生(中央)、小竹CSR推進部長(左)、しまきち

また、この雨水タンクの活用を通して作品を作り、コンテストにご応募いただけたら、とても嬉しいです。

 

一覧に戻る