CSRな社員より

札幌市で「第74回全国小学生歯みがき大会in札幌」を開催しました

みなさん、こんにちは。
CSR推進部のがんちゃんです。

当社では、1932年(昭和7年)から全国の小学生を対象に歯みがきの大切さを啓発する活動として「学童歯みがき大会」をスタートし、現在も「全国小学生歯みがき大会」として引続き取り組んでいます。

またこれまでは、広い競技場や大きい体育館に、実際に大勢の児童を集めて大会を開催していましたが、ネット環境が整備されてきた近年では、Webによるアジアや全国から参加できる大会方式を、今年からは、6月初旬の「歯と口の健康週間」に合わせて、あらかじめ配布した大会DVDを参加する小学校で視聴してもらう方式となりました。

 

第74回全国小学生歯みがき大会。アジアや全国で16万人の小学生が参加しました!

第74回全国小学生歯みがき大会。アジアや全国で16万人の小学生が参加しました!

しかし、昔のように直接児童とふれあうイベントも、「シンボリックな活動」として残したいという思いから、大会期間中に合わせて、2017年6月7日、札幌市立幌東小学校にて「第74回全国小学生歯みがき大会in札幌」を開催しました(主催:ライオン㈱・(公財)ライオン歯科衛生研究所、後援:札幌歯科医師会、協力:札幌市教育委員会)。

 

札幌市立幌東小学校

札幌市立幌東小学校

幌東小学校の4年生を対象にした約50分のプログラムは、体育館で午前10時40分にスタートしました。
司会者から当日のゲストの有名なタレントが紹介されると、子どもたちからは大きな歓声が上がりました。
続いて、オーラルケアに関する簡単な○×クイズで緊張をほぐします。

今回のプログラムの特徴は、一方的に情報を伝えるだけではなく、実際に児童に体験してもらう事を重視しています。
そのために、児童2名に対し、歯科衛生士を目指す札幌歯科学院専門学校の生徒さんが1名付く、しっかりしたフォロー体制も取り入れました。

ライオン歯科衛生研究所の歯科衛生士によるブラッシング講座や、仕上げみがきの実践をする場面では、学生さんたちが児童に付きっきりで、一人一人にきめ細かいフォローをするのです。
子どもたちも、プロの卵である専門学校の生徒さんがアドバイスをしてくれる事で、安心して取り組む事ができました。

  • 札幌歯科学院専門学校の生徒さん達が会場に入場します。子どもたちは興味津々?

    札幌歯科学院専門学校の生徒さん達が会場に
    入場します。 子どもたちは興味津々?

  • 本日のゲストとライオンちゃん登場!子どもたちは大喜びでした

    本日のゲストとライオンちゃん登場!
    子どもたちは大喜びでした

  • ○×クイズに元気よく答えます

    ○×クイズに元気よく答えます

  • 歯科衛生士さんのブラッシング講座。丁寧で分かり易い説明でした

    歯科衛生士さんのブラッシング講座。
    丁寧で分かり易い説明でした

自分の歯を、こんなに見ながらみがいた事あったかな?

自分の歯を、こんなに見ながらみがいた事あったかな?

壇上では、代表児童による仕上げみがきの実践が行われました。
居並ぶ、タレント、歯科衛生士、校長先生に対して、5名の児童が「逆仕上げみがき」をしてあげる内容です。

「逆仕上げみがき」というのは小さい頃、親からしてもらった仕上げみがきを、今度は自分たちが他の人にしてあげるという発想での取り組みです。
人にしてあげる事で、してもらっている時には気づかなかった、みがき方のポイント・コツなども分かるようになります。
代表児童が、歯みがきクイズやブラッシング講座で学んだ内容を確認しつつ、自分の担当した人の歯を丁寧にみがいていたのが印象的でした。

無事「逆仕上げみがき」をやり遂げた代表児童には、この後、歯みがきマスター認定書が贈られました。

 

  • これが逆仕上げみがきです。お父さんやお母さんの大変さ、分かったかな?

    これが逆仕上げみがきです。
    お父さんやお母さんの大変さ、分かったかな?

  • 校長先生の歯をみがくなんて、もう二度と無いよね!

    校長先生の歯をみがくなんて、
    もう二度と無いよね!

最後にゲストから、代表児童へ歯みがきマスター認定書が渡されました

最後にゲストから、代表児童へ歯みがきマスター認定書が渡されました

全体では、ちょうど授業1時間分でしたが、テレビでしか見られないタレントや、ライオンちゃん、そして、専門学校の学生さんによる丁寧な指導と、普段の授業では目にしたり、経験する事のないプログラムに、子どもたちも十分楽しみ、そして学ぶことが出来た様子です。

当社は今後も、子どもたちの歯の健康のための取り組みを継続していきます。

 

一覧に戻る