CSRな社員より

フレンドリープラザ墨田児童会館の「なつまつり」で「0才からの予防歯科」と「ハブラシリサイクル」を紹介しました

みなさん、こんにちは。
CSR推進部のREEです。

ライオンでは2015年5月からテラサイクルジャパン合同会社(以下、テラサイクル)と提携し、使用済みハブラシのリサイクル活動を実施しています。
「ハブラシリサイクル」を通じて、歯と口の健康のために、ハブラシの適切なサイクルでの交換(1ケ月に1回)を促すとともに、生活者が誰でも取り組める身近なリサイクル活動の場を提供することで、地域・社会の環境負荷低減に貢献しています。

フレンドリープラザ墨田児童会館では、活動を通じて児童に「社会性」を身につけてもらうことを目的として、独自の回収目標を設定しながら取り組んでいます。
→ フレンドリープラザ墨田児童会館についての記事はこちら

 

  • 回収BOX

    回収BOX

  • ハブラシ回収目標

    ハブラシ回収目標

今回児童会館が開催する「なつまつり」のステージで、ライオンから乳幼児親子向けに「0才からの予防歯科」について、またテラサイクルから児童向けに「ハブラシとリサイクルのお話」を、紙芝居やクイズを通じてお伝えしました。

  • 「0才からの予防歯科」についてお話する事業開発部・横山さん

    「0才からの予防歯科」についてお話する
    事業開発部・横山さん

  • テラサイクル・松尾さん(左)と寺下さん(右)

    テラサイクル・松尾さん(左)と寺下さん(右)

「なつまつり」のフィナーレには、ライオンちゃんも登場して地元の方々と一緒に「スカイツリー音頭」を踊りました。

これからも当社は、歯とお口の健康と環境負荷低減のために、1ケ月に1回のハブラシ交換を推進して、ハブラシリサイクルに取り組んでいきます。

 

  • 「なつまつり」今年のテーマは「宇宙」

    「なつまつり」今年のテーマは「宇宙」

  • 「スカイツリー音頭」を踊るライオンちゃん

    「スカイツリー音頭」を踊るライオンちゃん

一覧に戻る