CSRな社員より


夏の森林整備ボランティアを行いました

みなさん、こんにちは。
CSR推進部の「しまきち」です。

2014年7月5日、「ライオン山梨の森」で第23回となる森林整備ボランティアを行うため、
社員ボランティア18名とご家族1名の総勢19名が山梨市駅に集合しました。

今回は下刈りと間伐を行う予定でしたが、朝から雨が降っていたため、プログラムを変更しました。
午前中は塩山にある「杜の交流館」での室内レクチャーになりました。

西山CSR推進部長から当社の社会貢献活動の中での「ライオン山梨の森」の位置づけの話をした後、
活動のコーディネート役であるオイスカさんから「森林整備の意義・ライオン山梨の森の活動について」の
レクチャーをしていただきました。

  • 西山CSR推進部長

    西山CSR推進部長

  • レクチャーを受けている様子

    レクチャーを受けている様子

昼食は地元の「水口地区元気な邑(むら)づくり推進協議会」(以下、協議会)の方々に作っていただいた、
「山梨ワイン豚」のトン汁、おにぎり、きゅうり、茹でたスティックセニョール(茎ブロッコリー)、漬物、スモモをいただきました。
地元食材を使ったお料理の数々はどれもとても美味しかったです!

  • いただきま~す♪

    いただきま~す♪

  • 太くて美味しいきゅうり

    太くて美味しいきゅうり

昼食後は協議会・会長様のご厚意でスモモ狩り体験をさせていただきました。

今回収穫させていただいたスモモ(品種:大石早生)は色づき始めてから5日ほどで熟してしまうため、
市場に出にくい品種だそうです。
そんな貴重なスモモの採り放題をさせていただき、参加者はとても喜んでいました。

スモモは簡単にもげて、超おいし~い!

スモモは簡単にもげて、超おいし~い!

いっぱい採ったど~!

いっぱい採ったど~!

その後、スモモ畑からほど近い「ライオン山梨の森」に行き、今まで整備してきた場所の見学をして
活動について理解を深めてもらいました。
その頃には雨は上がっており、雨上がりの森の中の空気もとても気持ち良く、午前中のレクチャーで
森林整備の意義を知ったこととの相乗効果で次回以降への参加意欲にも繋がったようでした。

山道を歩きながら自然観察

山道を歩きながら自然観察

森林組合の方々にチェンソーで作っていただいたテーブルセットを紹介

森林組合の方々にチェンソーで作っていただいたテーブルセットを紹介

雨で森林整備が出来なかったにも関わらず、参加者たちの表情はとても満足気でした。
「整備が出来なかったのに、こんなに楽しんで申し訳ない」という参加者もいましたが、
実際の整備はできなくても、森林整備の意義について理解し、スモモ狩りで自然の恵みを体感して、
環境の大切さを意識するようになったことが環境貢献への大きな第一歩になったのではないかと思います。

初めてのスモモ狩り

初めてのスモモ狩り

最後は参加社員から外部スタッフへ「クリニカトラベルセット」をプレゼント

最後は参加社員から外部スタッフへ「クリニカトラベルセット」をプレゼント

一日お疲れ様でした!

一日お疲れ様でした!

急な雨天でも、外部スタッフや地元の方々のご協力で参加者の環境への理解に繋がる活動が出来て、
担当として「しまきち」の胸も熱くなり、今まで以上に森と山梨市に貢献していきたいと思いました。

一覧に戻る