CSRな社員より


夏の森林整備ボランティアを行いました

みなさん、こんにちは。
ライオンCSR推進部の「しまきち」です。

「ライオン山梨の森」では毎年、春・夏・秋の3回、社員ボランティアによる『森林整備』を行っています。
毎回、活動の2週間前には私たちライオンの事務局と、社外スタッフの方々が集合し(今回は総勢13名)、
山梨市役所にて事前の全体打ち合わせと、森に移動して実際に作業する場所の下見を行っています。

今年も7月8日に全体打ち合わせと下見を行いました。

  • 山梨市役所の委員会室にてみっちり打ち合わせ

    山梨市役所の委員会室にてみっちり打ち合わせ

  • 森で整備する場所を選びます

    森で整備する場所を選びます

この日の結果を基に残りの2週間でそれぞれのスタッフが準備を進めます。

そして、いよいよ本番の日を迎えました。
7月22日、社員15名、協力会社の方1名、前回から一緒に活動していただくことになったフェリス女学院大学の学生7名と指導准教授1名の計24名のボランティアで森林整備を行いました。

森に入る前に全員でお清めを行いました

森に入る前に全員でお清めを行いました

今回は2008~2009年に植えた苗木の成長(場合によっては鹿の食害)を調べるため、
まずは苗木近くに茂った雑草の下刈りを行い、視界が開けたところで3人一組になって苗木の計測調査を行いました。

  • 背丈よりずっと高く伸びた雑草を刈っていきます

    背丈よりずっと高く伸びた雑草を刈っていきます

  • 計測の様子

    計測の様子

選別した苗木約70本を調べたところ、鹿の食害もありましたが8割は樹高が伸び、直径は全て大きくなっていました。

昼食を挟んで午後は自然観察の後、秋に間伐予定の場所に歩道を作りました。

  • 森の中で「涼」を見つける自然観察

    森の中で「涼」を見つける自然観察

  • 歩道作りの様子

    歩道作りの様子

台風一過の涼しい気温にも恵まれ、参加者の皆さんは清々しい汗をかいていました。

  • 昼食時には山梨市役所・農林商工課の宮本さん(真ん中)から、ご実家で栽培している桃の差し入れをいただきました

    昼食時には山梨市役所・農林商工課の宮本さん(真ん中)から、ご実家で栽培している桃の差し入れをいただきました

  • 品種は、「白鳳」と「水上白鳳」の2種類 どちらもとても美味しかったです♪

    品種は、「白鳳」と「水上白鳳」の2種類
    どちらもとても美味しかったです♪

  • 作業を終えたフェリスの学生と准教授もこの笑顔

    作業を終えたフェリスの学生と准教授もこの笑顔

  • 全員で記念撮影

    全員で記念撮影

一覧に戻る