CSRな社員より


キャリア・フォーラム(社内の職を知る機会)を開催しました

みなさん、はじめまして。
人事部の土屋です。

当社では昨年から、若手社員のキャリア開発を支援する目的で、「キャリア・フォーラム」を開催しています。

社員の異動希望が高い部所について、実際の業務を知る機会を提供し、
将来のキャリアを想定しやすくすることを狙って開催しました。

昨年、取上げた業務は、財務・法律関連(経理部、法務部、知的財産部、薬事部)、
マーケティング関連(宣伝部、生活者行動研究所、H&H事業本部)でした。

今年は、11月25日にマーケティング関連(通販事業部、H&H事業本部)、
11月27日に広報・CSR関連(コーポレートコミュニケーションセンター[以下、CCセンター]、CSR推進部)
を取上げ、全国の事業所へのTV中継も含め134名の社員が参加しました。

  • 人事部・稲葉担当部長の挨拶からスタートです

    人事部・稲葉担当部長の挨拶からスタートです

  • ファシリテーターのツノダフミコさん

    ファシリテーターのツノダフミコさん

第1部「ロールモデル座談会」では、対象部所の部長クラスが、
自身のキャリア履歴や仕事に対する思いを話しました。

  • 11月25日の通販事業部・乗竹部長(右)

    11月25日の通販事業部・乗竹部長(右)

  • オーラルケア事業部・定國担当部長(左)

    オーラルケア事業部・定國担当部長(左)

二日間で4名の部長が、ざっくばらんに入社からの経験談を話しました。

参加者からは、「今ではカッコ良く輝いている方々も、長い会社人生の中では苦労や挫折を経験されていることを知って、身近に思えたり、自分も立ち向かう勇気をもらえた。」という感想が寄せられました。

  • 11月27日のCCセンター・藤井部長

    11月27日のCCセンター・藤井部長

  • CSR推進部・小竹担当部長(右)の話を熱心に聴く参加者

    CSR推進部・小竹担当部長(右)の話を熱心に聴く参加者

第2部「業務説明」では、各部所の若手実務担当者が業務内容のプレゼンテーションを行いました。
その後、座談会のパネルである部長も加わり、ポスターセッション形式で活発な質疑が行われました。

参加者からは、「実際にどのようなことを行なっているのか、どのようなスケジュールで動いているのかが分かり、他部所の業務を知る上で、とても興味深かった。」
「他部門の方が、これまでどのようにキャリアを積み、どのような意識で業務に取り組んでいるか感じられて刺激になった。自身のキャリアを考える、また視野を広げるきっかけとなった。」という意見が寄せられました。

  • 11月25日の通販事業部・西戸主任(右から2番目)

    11月25日の通販事業部・西戸主任(右から2番目)

  • 業務説明をするリビング事業部・黒澤副主任

    業務説明をするリビング事業部・黒澤副主任

  • 質問を受けるファブリックケア事業部・日俣部員(左端)

    質問を受けるファブリックケア事業部・日俣部員(左端)

  • 11月27日のCCセンター経営広報・IR説明担当森主任

    11月27日のCCセンター経営広報・IR説明担当森主任

  • 質問に答えるCCセンター快適生活研究所・下谷副主任

    質問に答えるCCセンター快適生活研究所・下谷副主任

  • ポスター前で説明するCSR推進部・島崎副主任(左端)

    ポスター前で説明するCSR推進部・島崎副主任(左端)

昨年のアンケート結果では、参加直後の満足度が約9割と高かっただけでなく、
開催4ヵ月後でキャリア開発に関する意識や行動が変わった人が約7割という結果でした。

このフォーラムを繰り返すことで、キャリアやスキル開発への積極的な取り組みや挑戦する人のネットワークが広がると嬉しいです。

この施策は、従業員メンバーで構成された「多様な人材の活躍推進委員会」から提案されたものです。

一覧に戻る