CSRな社員より


東京地区で「石巻マルシェ(石巻物産展)inライオン」を開催しました2

みなさん、こんにちは。
CSR推進部の熊五郎です。

ライオンでは東日本大震災の復興支援活動として、創業者ゆかりの地である石巻で、当社が保有する
経営資源(ノウハウ、技術、人材)を活かした復興支援活動「東北に元気を love.石巻」を行っています。

その活動の一環として、昨年に引き続き、10月29日~31日の3日間、震災で壊滅的な被害を受けた石巻の
水産加工業の企業の皆様(以下、石巻元気復興センター)をお招きし、ライオンビジネスサービスの協力の下、「石巻マルシェ(石巻物産展)in ライオン」を東京地区の3会場(本社ビル、平井事業所、両国ビル)にて開催しました。

昼休みとその前後の1時間半という短い時間でしたが、3日間とも大盛況のうちに終えることができました。
今年は、すでに小田原地区、千葉工場、ライオンパッケージング市原、仙台オフィスで開催し、今回で6回目の開催となります。

石巻元気復興センターの皆さんとCSR推進部のメンバー(平井にて)

石巻元気復興センターの皆さんとCSR推進部のメンバー(平井にて)

新たに品揃えした冷凍品

新たに品揃えした冷凍品

昨年の開催が好評だったことを受けて、今年は準備段階から入念に石巻元気復興センターと打ち合わせを行いました。

新たに冷凍品を品揃えし、事前に予約を受け付けることで購入しやすく、昨年は購入できなかった関係会社(ライオン商事、ライオンハイジーン、ライオンエンジニアリング、出光ライオンコンポジット)にも参画してもらったり、当日朝に社内アナウンスで呼びかけをしたり、平井では直接社員に呼びかけをしたり、いろいろな工夫をしました。

  • 緊張しながら社内アナウンス

    緊張しながら社内アナウンス

  • 平井では朝礼でCSR推進部員から社員に呼びかけ

    平井では朝礼でCSR推進部員から社員に呼びかけ

昨年と同様、「復興支援のお役に立ちたい」と思う多くの社員が、石巻産の商品をたくさん購入し、その結果、石巻元気復興センターの方が「商品が飛ぶように売れた」と驚くほど、3会場とも予想を超える売れ行きとなり、3日間の売り上げは昨年と比べ、約2割増で終了できました。

今回の「石巻マルシェinライオン」開催は、「love.石巻」活動に多くの社員が参加する機会となり、当社の復興支援活動の社内浸透にも繋がりました。

  • 藤重会長(右)の試食の様子(本社にて)

    藤重会長(右)の試食の様子(本社にて)

  • 濱社長(右)がVIPセットを購入(本社にて)

    濱社長(右)がVIPセットを購入(本社にて)

当日、社員からは、「去年も買ったけど、たいへんおいしかったので、期待して待ってました」「チラシを見て買うものを決めて来ました」「まず、試食をしてから」など売り場ブースはたいへんな賑わいでした。

  • 試食の種類をたくさん用意

    試食の種類をたくさん用意

  • 試食コーナーは大賑わい(平井にて)

    試食コーナーは大賑わい(平井にて)

震災から2年8カ月が経ちますが、なかなか復興が進まず、歯がゆい思いをしている石巻の方々に明るい笑顔が戻った様子でした。

今回の活動で、わずかではありますが、石巻復興の課題である、経済復興と販路開拓にお役に立つことができました。

笑顔でガッツポーズをする石巻元気復興センターの皆さん

笑顔でガッツポーズをする石巻元気復興センターの皆さん

両国ビルでもこんなにたくさんの社員が購入してくれました

両国ビルでもこんなにたくさんの社員が購入してくれました

社員には今後も「love.石巻」活動への協力を仰ぐとともに、東北の被災地に関心を持ち続け、機会があれば、被災地を訪れてもらえればと思います。

なお、石巻元気復興センターのwebサイトでもネット販売をしておりますので、みなさんにもご購入いただけましたら幸いです。