CSRな社員より


第4回 雨水ネットワーク会議 全国大会に参加しました

みなさん、こんにちは。
CSR推進部の「しまきち」です。

ライオンでは雨水活用の普及支援の一つとして「雨水ネットワーク会議全国大会」※ を第1回(2008年)から支援しています。
第4回目となる本会は、8月5・6日、大阪市のドーンセンターにて開催されました。 

本年は『関西雨水市民の会』が実行委員会事務局を務めました。
今回の大阪での全国大会開催に合わせて、当社は『関西雨水市民の会』と協働で子供たちに水の大切さを伝えるため、本年の3~5月、大阪市福島区の全ての市立幼稚園・市立小学校に雨水タンクを寄贈し、環境学習の出前授業を行いました。

  • 寄贈した雨水タンク

    寄贈した雨水タンク

  • 環境学習の様子

    環境学習の様子

「雨水ネットワーク会議全国大会」では当社大阪オフィスの社員が受付業務や分科会等を手伝い、「しまきち」も環境学習の寸劇に出演しました。

参加したライオン社員勢揃い 水色のポロシャツはスタッフ用です

参加したライオン社員勢揃い
水色のポロシャツはスタッフ用です

寸劇の一場面 左から司会者・雨水博士・水いっぱい使っ太郎(「しまきち」)です

寸劇の一場面
左から司会者・雨水博士・水いっぱい使っ太郎(「しまきち」)です

分科会や環境学習の他にもエコレインショー、基調講演、事例発表、雨水ツアーなど、盛りだくさんのプログラムが組まれました。
最後には、洪水に、災害に、渇水に強い街づくりを流域全体で考え、雨水活用の考え方を着実に社会の仕組みに根付かせるための『大阪宣言』を行いました。

参加した方には、お土産として当社の「キレイキレイ 薬用泡で出る消毒液」を提供させていただきました。

キレイキレイ 薬用泡で出る消毒液

キレイキレイ 薬用泡で出る消毒液

雨水活用ってどうすれば良いの?という方は、まずは雨水について興味を持つことから始めてみてはいかがでしょうか?
右のバナーの「ライオン 雨の恵みひろば」を是非、覗いてみてください!

   ※市民、NPO、行政、企業、研究者などが雨水利用に関して情報を共有する全国組織

一覧に戻る