CSRな社員より


秋の森林整備ボランティアを行いました

みなさん、こんにちは。
CSR推進部の「しまきち」です。

9月28~29日、山梨市にある「ライオン山梨の森」で
第18回目になる森林整備ボランティア活動を一泊二日で行いました。

今回もボランティア特別休暇制度を利用した社員7名、フェリス女学院大学2名、山梨県民ボランティア5名、
総勢14名で間伐と枝打ちの作業を行いました。

  • はじめにCSR推進部長から「ライオン山梨の森」の 活動意義について説明

    はじめにCSR推進部長から「ライオン山梨の森」の
    活動意義について説明

  • コーディネーターの木netやまなし推進協議会・田中様から 森林整備についての説明

    コーディネーターの木netやまなし推進協議会・田中様から森林整備についての説明

28日は2~3名ずつチームになって間伐を行いました。

  • 間伐作業で一緒に木を切る 山梨県民ボランティア(左)と社員(右)

    間伐作業で一緒に木を切る
    山梨県民ボランティア(左)と社員(右)

  • 間伐と枝打ちをした「よろこびの森」エリア。 今年の活動はここを集中して整備してきました

    間伐と枝打ちをした「よろこびの森」エリア。
    今年の活動はここを集中して整備してきました

夜は宿でコーディネーターの田中様から「ライオン山梨の森」のあるべき姿と
今後の森林整備の進め方についてプレゼンをしていただきました。
とても参考になる内容で、山梨の森の将来の姿がイメージでき、
来年以降の活動への意欲につながりました。

29日の午前中は森で「枝打ち」をする班と、
公民館で地元の婦人会の方々と一緒に山梨名物「ほうとう」を作る班に分かれて作業しました。

  • 宿での田中様のプレゼンの様子

    宿での田中様のプレゼンの様子

  • ハシゴに登ってノコギリで枝を切る「枝打ち」

    ハシゴに登ってノコギリで枝を切る「枝打ち」

  • 地元の方から「ほうとう」作りを教わる様子

    地元の方から「ほうとう」作りを教わる様子

  • 出来上がった「ほうとう」

    出来上がった「ほうとう」

午前中の作業を終え、昼食は全員で公民館にて「ほうとう」のほか、
採れたて野菜を使ったお料理(10品目!)をいただきました。
どのお料理もとっても美味しかったです!

地元で採れた新鮮な野菜を使った「おふくろの味」の数々

地元で採れた新鮮な野菜を使った「おふくろの味」の数々

全員で和気あいあいとした昼食会

全員で和気あいあいとした昼食会

今年度の森林整備ボランティアはこれで終了となりました。
来年も引き続き、森の整備を進め、地元の方々との交流も大切に活動していきます!

一覧に戻る