CSRな社員より


石巻で「歯みがき啓発活動-第4弾-」による復興支援を行いました

みなさん、はじめまして。
ライオン歯科材の松村祐次郎です。

「東北に元気を love.石巻」の活動の一環として、2013年5月14,15日の2日間、歯みがき啓発活動を
石巻市内の保育所・幼稚園の子供たちに実施しました。
14日は吉浜保育所(4名)・相川保育所(19名)、15日は橋浦保育所(44名)・法山寺幼稚園(144名)でした。

私は歯科医療向けの製品を販売する部門に所属しています。
オーラルケアに携わっていることから、CSR推進部から今回の活動への参加要請がありました。

ライオンに入社したからこそできる社会貢献活動であるので、
非常に興味を持ち、実施に向けて期待に胸膨らむ思いでした。
ただ、私は子供たちの前で話をすることが人生初だったので、期待と共に不安もありました。

しかし、いざ子供たちに会い、子供たちの優しい笑顔を見ていると、自然とこちらも優しい気持ちになり、
“この子たちのために精一杯今回の活動を全うしたい”という気持ちが沸きました。

さあ、これから始めるよ~!

さあ、これから始めるよ~!

活動内容は、1.アンパンマンの紙芝居 2.飛び出す絵本 3.ムシバラスの的当てゲーム
4.ライオンちゃんとのふれあい・記念撮影 5.お土産プレゼント の流れで進みます。

我々も子供たちと一緒に楽しみながら “食べたらみがく”ことの大切さをお伝えしました。

飛び出す絵本で「ムシ歯をなくそう」と伝えました

飛び出す絵本で「ムシ歯をなくそう」と伝えました

子供たちが一番喜んだのは、ライオンちゃんの登場でした。
抱きついたり手をつないだりと大人気の様子でした。

活動を通して、子供たちが太陽のような笑顔をしてくれたことが一番嬉しかったです。
園長先生はじめ先生方にはいろいろご配慮をいただき感謝しています。

自分たちが微力ながら力になれたかなと実感でき、非常にやりがいを感じることのできた2日間でした。

ライオンちゃんはみんなの人気者

ライオンちゃんはみんなの人気者

今回訪問した4ヶ所は沿岸部(主に北上地区雄勝方面)で、まさに津波の被害を受けた地帯です。
先生方から当時の体験談を伺い、非常に感慨深い想いになりました。

保育所は高台にあるため無事でしたが、少し下ると広大な更地が広がっています。
この土地に家々が建ち並んでいたことを考えると津波の被害の大きさを実感するとともに、
非常に恐怖を覚えました。

現在でも、地盤沈下を修復する土を運ぶために、道には10tトラックが止めどなく往復している状況でした。

雄勝町の津波記念碑

雄勝町の津波記念碑

未来を担う子供たちの記憶の片隅に私からのメッセージが少しでも残り、
これからも楽しい気持ちで歯みがきをしてくれたら嬉しいです。
また、この元気な子供たちに強い石巻を創っていってほしい、と強く願っています。

子供たちはアンパンマンの紙芝居を静かに聴いてくれました。これからもこの活動は続きます!

子供たちはアンパンマンの紙芝居を静かに聴いてくれました。これからもこの活動は続きます!