CSRな社員より


石巻で「歯みがき啓発活動-第3弾-」による復興支援を行いました

みなさん、はじめまして。
オーラルケア研究所の小倉悠湖です。

2013年4月23,24日の2日間、「東北に元気を love.石巻」プロジェクトの一環として1才~6才児を対象とした歯みがき啓発活動を行い、石巻市立保育所2ヶ所(水押・ふたば)、私立幼稚園1ヶ所(万石浦)を訪問しました。

ライオンのオーラルケア研究員として子供たちに歯みがきの大切さを、しっかり学んでもらえたら、という思いを胸に秘めながら活動の日を迎えました。

  • ふたば保育所・先生からはじまりの奨励

    ふたば保育所・先生からはじまりの奨励

  • 万石浦幼稚園・紙芝居を始めま~す!

    万石浦幼稚園・紙芝居を始めま~す!

今回訪問した保育所・幼稚園はいずれも沿岸部に位置しており、震災当時は津波の影響を受けて、
水位が保育所の床から1メートルほどになったそうです。

子供たちの中には避難訓練のサイレンの音が鳴ると震災を思い出し泣き出す子や、
町中があっという間に水に覆われたことを思い出す子もいると先生方から伺いました。

しかし、私が訪問した際はそんなことを一切感じさせない子供たちの明るく元気な姿を見ることができました。

万石浦幼稚園・ライオンちゃんと記念の握手

万石浦幼稚園・ライオンちゃんと記念の握手

震災から2年余りが経過し被災地への世間からの注目は少なくなったような気がします。

しかし街全体ではだいぶ復興が進んだものの、まだまだ復興が進まない地域も多く、
被災者の方たちの心の中には今でもあの3.11が根強く残っています。

ライオンとしてできること(たとえば今回のような子供たちへの歯みがきの啓発など)を
これからも続けていけたらいいな、と思えた経験でした。