CSRな社員より


春の森林整備ボランティアを行いました

みなさん、こんにちは。
CSR推進部の「しまきち」です。

2013年4月19日と20日二日間に分けて、「ライオン山梨の森」で春の森林整備ボランティア活動を行いました。
今回は事前に行った社内説明会の甲斐もあり、両日ともたくさんの社員ボランティア参加者に恵まれ、
晴天のさわやかな気候の中でプログラムを行いました。

4月19日(金)の午前中はライオンの社員ボランティア22名、フェリス女学院大学の学生4名と教授1名が
地元の山梨市立八幡小学校5年生31名と一緒に、今年新しく開設した「キレイキレイの森」エリアで植林を行いました。

はじめに全員揃って記念撮影

はじめに全員揃って記念撮影

2~3名で一組になり、コナラ・カエデ・クリ・ヤマザクラなどの苗木150本を植えました。

  • 大人がクワで穴を掘ります

    大人がクワで穴を掘ります

  • 一緒に苗木を穴に埋めました

    一緒に苗木を穴に埋めました

植林後、社員から参加者全員に「キレイキレイ薬用泡ハンドソープ」を手渡し、
森を健全に守ることと同様に手洗い習慣で健康を守ることの大切さを呼びかけました。

すっかり打ち解けて女子トーク中

すっかり打ち解けて女子トーク中

その後、小学生は学校へ戻り、残った大人で昼食タイム。
地元・水口地区の婦人会の皆さんが作られた山梨名物「ほうとう」を市役所の方々が森に運んできてくださいました。

  • 婦人会の皆さんも準備に来てくださいました

    婦人会の皆さんも準備に来てくださいました

  • 都会では高級な山菜のてんぷらがドッサリ

    都会では高級な山菜のてんぷらがドッサリ

午後は大人だけで「はじまりの森」エリアの間伐を行いました。

4月20日(土)も「はじまりの森」エリアでライオンの社員ボランティア18名が間伐と枝打ちを行いました。

  • 間伐のようす

    間伐のようす

  • 枝打ちはハシゴに乗って行いました

    枝打ちはハシゴに乗って行いました

「キレイキレイの森」の前で昨日の小学生との植林の報告をし、全員でキレイキレイポーズ

「キレイキレイの森」の前で昨日の小学生との植林の報告をし、全員でキレイキレイポーズ

次回のボランティア活動は8月に雑草を刈る「下刈り」などの作業を行う予定です。

一覧に戻る