事業別業績:産業用品事業(アニュアルレポート2013)

証券コード:4912

株価
Yahoo!ファイナンス

化学品分野は海外向けカーボン、国内向けアニオン界面活性剤が売上を伸ばして回復基調、業務用洗浄剤は新規顧客開拓が進み好調に推移し、売上高は前期を上回りました。

売上高 312億円(前年比3.7%増)(外部売上高)
営業利益 7億円(前年比115.8%増)

売上高、営業利益のグラフ

化学品事業

2013年の振り返りと2014年度の戦略

2013年は、重点3事業(エステル誘導体、導電性カーボン、工業用洗浄剤)を中心に売上拡大と収益向上を図り、特に、電子部品用途向けの導電性カーボンが好調に推移し、業績は回復傾向にありました。2014年は、導電性カーボンをコア分野として更なる事業展開を進め、また、成長が期待できる海外市場で、当社技術の優位性が生かせる事業分野を育成するとともに、積極的に事業構造改革を進めて参ります。

業務用洗浄剤事業(ライオンハイジーン(株))

2013年の振り返りと2014年度の戦略

2013年は、ホテルや病院、老人介護施設、食品工場などの大口ユーザー向けの衣料用洗剤やハンドソープ、アルコールなどが好調に推移し増収となりました。2014年は、ユーザーサービスを一層強化し、食器洗浄機用洗浄剤、厨房関連品,クリーニング用洗剤を拡販し、高まる衛生意識に対応して、総合衛生管理サービスの提案による新規顧客拡大を進めます。