薬品事業(アニュアルレポート2014)

証券コード:4912

株価
Yahoo!ファイナンス

解熱鎮痛薬や、目薬において高付加価値製品が好調に推移し、当事業分野全体の売上高は前年を上回り、当社参入市場の前年比を上回る伸びを達成しました。

2014年のキープロダクト

バファリンプレミアム

バファリンプレミアム

当社は、2014年2月に、頭痛に対する「効き目」「速さ」「胃へのやさしさ」などの高機能を重視する働く女性のニーズに応える「バファリンプレミアム」を新発売し、売上高は当社計画比約1.5倍と好調に推移しました。バファリンプレミアムの購入者は30代の有職女性が中心であり、働く女性のニーズを捉え、共感を得たことが販売好調につながりました。

当商品発売後、横ばい傾向にあった解熱鎮痛薬市場は前年比104%*1に拡大し、中でも高機能カテゴリー*2の解熱鎮痛薬市場は前年比114%*3と大きく拡大するなど、市場の活性化に貢献しました。

*1 (株)インテージSDIデータ、解熱鎮痛薬市場、2014年1月~12月 累計販売金額前年比

*2 当社定義

*3 (株)インテージSDIデータ、解熱鎮痛薬高機能カテゴリー市場(ライオン定義)、2014年1月~12月 累計販売金額前年比

2015年の戦略

エキセドリンLOX

解熱鎮痛薬や高付加価値目薬の強化で事業基盤の徹底強化を図ります。

解熱鎮痛薬では、高機能カテゴリーの拡大を目指し、高齢化社会の進行により拡大が見込まれるボディペイン*4有訴者に向けた新製品を投入し、新規需要開拓と市場の活性化を図ります。目薬では、高価格帯、中価格帯製品をさらに育成することで、中高年向け目薬を強化し、事業収益力を高めます。

*4 腰痛や肩の痛みなど