一般用消費財事業

証券コード:4912

株価
Yahoo!ファイナンス

65.5% (連結売上高構成比、外部売上高)

一般用消費財事業では、2014年の消費税増税の反動により減収となりましたが、オーラルケア、薬品分野や高付加価値型品へのシフトが進んだ結果、事業ミックスの改善により収益性が向上し、利益は前期を大きく上回りました。

売上高

2,479億円(外部売上高)

営業利益

101億円

マーケットポジション

当社の国内主要製品の市場規模とポジション

ハミガキ
No. 1 840億円

ハブラシ
No. 1 470億円

衣料用洗剤
No. 3 1,380億円

柔軟剤
No. 3 870億円

ハンドソープ
No. 1 220億円

台所用洗剤
No. 3 490億円

(注)上記、市場規模の数値は、小売販売データに基づき、ギフト製品の売上高は含んでいません。

出所:株式会社インテージSRI調査による各カテゴリー。2015年1月から12月までの売上金額ベースのデータ

2015年の市場環境と業績振り返り

2015年の当社参入市場は、前年の消費税増税の反動はありましたが個数は前年並みとなり、高付加価値化の進展により単価上昇が続き、金額では前年比103%となりました。インバウンド需要(訪日外国人消費)も市場に刺激を与え、当業界を活性化しました。

「V-2計画」の最優先テーマは、「収益力の向上」であり、伸長する市場に高付加価値品、市場創造型商品を投入し、収益性の向上に取り組みました。

オーラルケア分野では、「システマハグキプラスハミガキ」やハブラシ「ビトイーン贅沢Care」、「システマアーチフィットハブラシ」などの高付加価値品の新製品の売上が好調に推移し、市場成長を上回る売上成長を達成し、市場の拡大に貢献しました。薬品分野では、高付加価値品の育成を継続した結果、解熱鎮痛剤「バファリンプレミアム」や目薬「スマイル40 プレミアム」などの高付加価値品が2桁成長し、単価上昇を実現するとともに、インバウンド需要も着実に取り込み、ニキビを治療する外用薬や足用冷却ジェルシートなどの商品が大きく伸長しました。通信販売事業では、「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」の機能性表示食品制度への対応や新製品の発売により、事業の強化を図りました。

2016年の戦略

当事業では、今期もさらなる収益力の向上を目指し、オーラルケア分野やファブリックケア分野などの主要市場での地位向上を図ります。

国内シェアN0.1*メーカーであるオーラルケア分野では、主力の「クリニカ」ブランドをさらに強化して市場での地位を確固たるものにしていきます。また、洗濯用洗剤では「トップスーパーNANOX」を新発売し、超コンパクト液体洗剤での攻勢をかけます。店頭展開の強化や新規トライアル顧客を獲得することでシェアアップと収益性向上を目指し、同時に超コンパクト液体洗剤へのシフトをスピードアップさせます。

*(株)インテージSRIデータ、オーラルケア市場(ハミガキ、ハブラシ、洗口剤、デンタル用品) 2015年1月~2015年12月累計販売金額