イノベーション

証券コード:4912

株価
Yahoo!ファイナンス

R&D

ライオンの研究開発体制

ライオンの研究開発は、製品開発研究部門・応用研究部門・支援研究部門という3つの部門を中心に行われています。製品開発研究部門では、各製品分野からなるそれぞれの研究所が、商品企画部門と密接に連動して製品開発を進めています。応用研究部門では、素材やシーズを製品へ応用するための技術開発を行っており、界面科学や生命科学などを駆使して新しい技術の芽を発見し、製品開発につなげる研究を進めています。支援研究部門はライオンの研究開発に共通して関わる技術分野で、製品開発研究と応用研究を包装、香り・香味、分析、環境・安全などの側面から支えています。また、開発した新しい原料や新製品を工業化していくにあたり、生産技術研究センターが開発研究と生産を結びつける製造技術を開発しております。

Vision2020の達成に向けて

研究開発部門では、「Vision2020」達成に向けて戦略的にテーマを設定し、技術イノベーションに挑戦して、新製品開発を進めています。2015年から始まった「Vision2020」の「V-2計画」の3年間では、「競争優位」がキーワードとなります。

このキーワードを受けて研究部門では、当社の強みである口腔科学と界面科学の技術を深掘りし、収益力の一層の向上につながる付加価値の高い製品の開発に注力しています。また、薬品、機能性食品などのヘルスケア分野では、社外研究機関との共同研究とともに、臨床試験など科学的エビデンスに立脚したシーズ開発を推進し、新たな価値、成長分野創出に重点的に取り組んでいます。海外事業では、海外のR&Dとの連携を一層強化し、現地ニーズを取り入れながら、成長著しい東南アジア、北東アジア市場で新たな価値提供につながる製品開発に取り組んでいます。

ライオンのR&Dは、国内外で技術分野やカテゴリーや組織の枠を超えてオールライオンの力を発揮するとともに、オープンイノベーションを推し進めることで、競争優位な製品・技術開発を目指します。

社外研究機関との共同研究

ライオンは、順天堂大学と共同で、女性の薄毛の原因を探求する研究を行い、その直接的な原因が女性ホルモンの減少にあることを示唆するデータを得ました。この研究結果を基に、女性の髪の発毛促進と脱毛予防に効果のあるエイジングヘアケアシリーズ「Fleuria(フルリア)」を開発・販売しました。

また、ライオンは2013年より横浜市立大学の先端医科学研究センター(先端研)の産学連携ラボに入居し、生活習慣病を予防するための研究や、新しいオーラルケア技術の開発を推進しています。先端研で培った研究技術やノウハウをもとに新しい製品を生み出し、将来のお客様の健康の実現を目指しています。