CSR

証券コード:4912

株価
Yahoo!ファイナンス

ライオンのCSR

CSR活動の全体像

ライオンのCSRの原点は、「人のため、世のために役立つ仕事」という創業の精神にあります。社是・経営理念に基づいて確固たる経営の基盤を作り上げ、経営ビジョンのもと、CSR重要課題を組み込んで事業活動を推進することで、社会の持続的な発展に貢献します。

企業・社会の持続的な発展
ライオン企業行動憲章・行動指針 ▶ 詳細はこちら
社是・経営理念 ▶ 詳細はこちら

社会・環境貢献活動の全体像

一人ひとりの価値ある未来につながっている「今日」という日々のお役に立つため、ライオンは、事業活動だけでなく社会・環境貢献活動も進めています。

CSR管理体制の構築

CSR目標の設定と進捗管理

ライオンは、2011年から国際的な社会的責任の手引きであるISO26000を活用し、第三者機関の意見を参考にしながら、国内グループにおいて対応状況の確認・評価を行ってきました。CSRに関する世界的な動向やライオングループの事業特性、潜在的なリスク・機会と影響度などを検討し、2012年にCSR重要課題を特定しました。また、重要課題それぞれにおいて、経営ビジョン「Vision2020」と連動した3ヵ年の中期目標を設定しています。2015年には海外グループの中期目標も設定し、オールライオンでのPDCAによる改善活動を行っています。

「重要課題の特定プロセス」図

バリューチェーンと重要課題

「バリューチェーンと重要課題」図

*人権に関連する悪影響を認識し、防止し、対処するために組織が実施すべきステップ。

それぞれの具体的な活動の詳細については、「ライオンCSR報告書2016」をご覧ください。

CSR重要課題に関する2017年の中期目標

「V-2計画」(2015年~2017年)においても、よりよい形で社会の持続的な発展に貢献できるよう、重要課題について目標を設定し、CSR活動の改善に努めています。国内については、部署横断型委員会における活動などの従来の取り組みに加え、新しい人事施策の推進やe-ラーニングによる各種研修などを実施しました。

海外においては、国や地域によって法律・文化・習慣が異なることを考慮しつつ、それぞれのグループ企業の状況を踏まえて順次活動を進めています。

2017年中期目標は下図の通りです。

CSR重要課題

持続可能な開発目標(SDGs)

下表の重要課題の列に記載している番号は、ライオンが事業を通じてその達成に貢献したいと考えているSDGsの番号です。各SDGsの達成に向けたライオンとしての目標およびKPIは、ライオンの事業の方向性を勘案しつつ今後検討していきます。

「SDGs」#3:すべての人に健康と福祉を、#5:ジェンダー平等を実現しよう、#6:安全な水とトイレを世界中に、#7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに、#10:人や国の不平等をなくそう、#12:つくる責任つかう責任、#13:気候変動に具体的な対策を、#14:海の豊かさを守ろう、#15:緑の豊かさを守ろう、#16:平和と公正をすべての人に(国際連合広報センターWebサイトより引用)

組織統治

目指す姿 重要課題 2017年中期目標
社会から信頼され続ける健全な経営体制の維持 ライオングループのCSR管理体制の構築 《国内》
CSR方針としてのライオン企業行動憲章の浸透
《海外》
CSRに関する方針の周知徹底
《国内》
目標の進捗管理
《海外》
目標の設定と進捗管理
リスクマネジメントの推進 《国内》
多面的な想定に基づいた事業継続計画(BCP)の継続運用
コンプライアンスの浸透/内部統制
16
《国内》
コンプライアンス意識の啓発
《海外》
内部統制システムの強化

人権

目指す姿 重要課題 2017年中期目標
人権を尊重する体制の整備 人権に関する方針の策定と周知
5
《国内》
人権方針としてのライオン企業行動憲章の浸透
人権デューディリジェンス*
5
《国内》
サプライヤーによるCSR活動のセルフチェックの推進とフィードバック
《国内》
ホットラインの周知、相談・通報案件への対応
《海外》
社内通報・相談窓口の設置と運用
* 人権に関連する悪影響を認識し、防止し、対処するために組織が実施すべきステップ。

労働慣行

目指す姿 重要課題 2017年中期目標
従業員のモラールとモチベーションの向上による意識変革 人材育成・活性化プログラムの推進 《国内》
目標管理制度の実施によるPDCA推進施策の浸透
グローバル人材の育成
《国内》
多様な人材の活躍推進プログラムの充実
~女性のキャリア形成支援施策実施~
働きやすい職場づくり 《国内》
健康いきいき施策によるワーク・ライフ・バランスの推進
《海外》
経営と従業員との対話機会の充実
従業員の健康管理の推進 《国内》
従業員に健康でいきいきと働いてもらうための環境整備
ライオングループの労働安全衛生管理体制の充実 《国内》
「安全衛生防災マネジメントシステム」に基づく労働安全と設備安全の充実

環境

目指す姿 重要課題 2017年中期目標
「環境対応先進企業」としての持続可能な社会の発展への貢献 先進的な環境への取り組み
6 7 12 13 14 15
《国内》《海外》
「Eco Vision 2020」の推進と進捗管理
汚染の予防
6 14 15
《国内》
汚染予防対策の推進
ライオングループの化学物質管理の充実
6 14 15
《国内》
化学物質管理体制の充実

公正な事業慣行

目指す姿 重要課題 2017年中期目標
バリューチェーン全体でのCSR活動の推進 CSR調達の推進
5 6 7 10 13 14 15
16
《国内》
サプライヤーによるCSR活動のセルフチェックの推進とフィードバック
《国内》
「Eco Vision 2020」の推進と進捗管理

消費者課題

目指す姿 重要課題 2017年中期目標
安全で安心な商品づくりによるお客様満足の追求 持続可能な社会の発展に貢献する商品・情報の提供
6 12
《国内》
商品を通じた生活者の環境啓発活動の推進
くらしに役立つ生活情報の発信と啓発活動 《国内》
ライフスタイル・ライフステージに応じた健康で快適な生活に寄与する情報発信の拡充
ライオングループの品質保証体制の充実 《国内》
品質保証管理体制の充実
《海外》
各国規制対応の強化とお客様対応の充実
情報セキュリティ対策の推進 《国内》
情報セキュリティ対策の推進
《海外》
情報セキュリティ管理体制の充実

コミュニティ参画および発展

目指す姿 重要課題 2017年中期目標
社会や地域との共存共栄/健康・快適・環境分野での社会の発展への貢献 健康で快適な生活習慣づくりにつながる社会貢献プログラムの充実
3 6 12
《国内》《海外》
口腔保健啓発活動の推進
~予防歯科(セルフケアとプロフェッショナルケアの推奨)の推進、保健指導者向け、子どもへの教育・啓発など~
《国内》《海外》
清潔衛生啓発活動の推進
~子どもの手洗い・うがい啓発活動の推進など~

清潔衛生文化の担い手として

~海外でも手洗いの習慣を普及~

※画像クリックで拡大します。

当社は創業当時より、日々の暮らしに役立つ優良製品やサービスを提供し、社会の清潔衛生文化の発展を目指して、事業を展開してきました。そのひとつの事例が、国内外での衛生習慣啓発活動です。

国内では、1996年に「O-157」による食中毒の集団感染が多発しました。それが契機となり、1997年に「キレイキレイ薬用ハンドソープ」が誕生しました。商品の提供とともに、「手洗いの習慣化」の啓発活動を継続して行い、ハンドソープの利用率は高まり、家庭だけではなく、学校、職場、飲食店などにも広く普及していきました。

現在、海外では韓国、シンガポール、タイ、中国、香港で「キレイキレイ」ハンドソープを販売しています。国内と同様、それぞれの国・地域で、商品の提供とともに人々の清潔衛生意識の向上を目指し、正しい手洗い方法の浸透のための啓発活動を行っています。

当社グループの詳しいCSR情報については、以下の「CSR(環境・社会)」をご覧ください。

http://www.lion.co.jp/ja/csr/