マーケティング基盤

証券コード:4912

株価
Yahoo!ファイナンス

エンゲージメントを高める適切な
顧客体験を創造する!

取締役 執行役員
ヘルス&ホームケア事業本部長
久米 裕康

習慣をリ・デザインする

今日、メーカーは、「優良製品を開発し、それを提供してさえいれば良い」という時代は終焉を迎えています。お客様の生活に「良いインパクト(優良な体験)」をもたらし、その対価として製品が購入されるというような構図をつくらなければなりません。

ライオンは、LIVE計画において、日用消費財ビジネスに対する論理を再構築してまいります。そして、新たに示すライオンの存在意義である『習慣をリ・デザインする。』を体現することによって、この「良いインパクト」を生み出してまいります。

人を健やかにする習慣を、もっとさりげなく、楽しく、前向きなものに変えていく

ライオンのブランドはすべて、お客様の人生や日常生活(daily life)において成し遂げたいという想いの実現に貢献していくことを目指しています。

オーラルケアブランドの「クリニカ」は、日常に「褒められる瞬間」を増やすことで、前向きな気持ちや行動が習慣化する社会づくりを目指しています。

清潔衛生ブランドの「キレイキレイ」は、多くのワーキングママが持つ「働くことへの罪悪感」、すなわち「旧来の母親像」という価値観から母親を解放し、“今の家族のカタチのままで良い”と自信を持てる社会をつくることを目指します。

ライオンの価値創造モデルとは、まさしくこれらを目指し、実現していくことであると考えています。

テクノロジーがもたらす新たな顧客体験の創造への挑戦

わたしたちのお客様に対するすべての提案は、お客様の生活文脈の中に自然と受け入れられるものでなければならないと考えており、その実現に向けてわたしたちは、LIVE計画においてデータ利活用の高度化を飛躍的に進めることで、顧客理解を深めようとしています。

そして、ライオンが保有する生活情報メディア「Lidea」において、お客様のあらゆる生活シーンにおける関心事や、製品使用にかかわる体験、生活スタイルの情報を共有し、お客様との関係性を強化してまいります。