事業企画の背景

事業企画の背景

では、慈善券事業はどのような背景から生まれたのでしょうか。
初代小林富次郎は、神戸市の鳴行社で石鹸事業に携わっていた明治21年(1888年)、多聞教会で洗礼を受けクリスチャンとなりました。そして、この教会を通じて知った同じクリスチャンの石井十次氏が始めたばかりの岡山孤児院に月々1円を寄付しています。その当時、神戸では初めての高額寄付であったと伝えられています。
しかし、初代小林富次郎は個人で出来ることの限界を感じ、もっと多くの人たちの善意の心を集めて継続的に社会貢献できる方法はないかと常に考えていました。
明治33年(1900年)10月20日付「東京朝日新聞」で「ライオン歯磨慈善券付袋入」の発売を発表します。この中で「慈善券の趣旨」を以下のように述べていますが、日頃の初代小林富次郎の思いをよく伝えています。

「人(ひと)は唯己(ただおのれ)の利慾(りよく)の為(た)めにのみ生活(せいかつ)するに非(あら)ず、事情(じじょう)の許(ゆる)す限(かぎ)りは公益(こうえき)を謀(はか)り、他人(たにん)の不幸(ふこう)を憐(あわ)れみ、薄命者(はくめいしゃ)を救済(きゅうさい)するが為(た)めに博愛慈善(はくあいじぜん)の心掛(こころがけ)を要(よう)すと雖(いえど)も、今(いま)や社会(しゃかい)の事業(じぎょう)ますます煩雑(はんざつ)を極(きわ)むるに従(したが)ひ、我(わ)れも人(ひと)も毎日眼前(まいにちがんぜん)の業務(ぎょうむ)にのみ追(お)はれて、思(おも)はず知(し)らず其(その)ままに経過(けいか)し、承知(しょうち)しながら善(よ)き事(こと)に散(さん)ずる金(かね)は少(すくな)くして、無益(むえき)のものに費用(ひよう)の嵩(かさ)むこと多(おお)し、甚(はなは)だ不本意(ふほんい)の至(いた)りにして、世間(せけん)も漸(ようや)く一般(いっぱん)に薄情(はくじょう)かと見(み)れば、案外(あんがい)にも之(これ)に反(はん)して、慈愛済民(じあいさいみん)を真実(まこと)に目的(もくてき)と為(な)し、或(あるい)は孤児(こじ)を集(あつ)めて之(これ)を生育(せいいく)し、病院(びょういん)を起(おこ)して施療(せりょう)を行(おこな)ひ、老(お)ひたるものを養(やしな)い、不具廃疾(ふぐはいしつ)の人(ひと)を助(たす)け、悪少年(あくしょうねん)を感化(かんか)し、出獄人(しゅつごくにん)を教誨(きょうかい)する等(とう)、全(まった)く心身(しんしん)を社会(しゃかい)の為(た)めに捧(ささ)げて、一心不乱(いっしんふらん)に努(つと)む人(ひと)あり・・・」。

続いて、「多くの人々に慈善の思想を普及させたならば、その結果として慈善事業に恒久的な基礎を与えることができる。そして、孤児院その他の慈善団体は財政上の基礎がいずれも不安定であるので、慈善券の発行によって、その一端を補うことができる」と述べています。

ところで、慈善券のアイデアは小林富次郎商店のオリジナルではありません。「時事新報」に掲載された米国の石鹸会社「カーク商会」の事例をヒントにしたものでした。ところが本家のカーク商会が短期間で止めたのに対して、小林富次郎商店は明治34年(1901年)1月~大正9年(1920年)12月まで満20年間にわたる大事業としたのです。この間の寄付金の総額は336,554円50銭7厘でした。

東京朝日新聞の「ライオン歯磨慈善券付袋入」発売広告(明治33年)