快適生活研究所の活動報告

中・高生に向けたお洗濯・身体の清潔に関する情報を家庭科の先生に紹介(第1回/全3回)

全国家庭科教育協会主催 春期研修会 開催

ライオン快適生活研究所では、勉強・クラブ活動・友人関係・ファッションなど様々なことに興味を持つ若い人たちがくらしの中で困った時に役立つ情報をお伝えすることで、若い人たちのくらしを応援していきたいと考えています。

そしてこのたびは、小学校から大学までの家庭科教育に携わる先生が会員となる、全国家庭科教育協会様から、研修会への協力の機会をいただきました。
中・高生が困っていること、生活のために知っておくべきことなどを事務局の先生方と相談し、以下の内容で行いました。

当日は、36名の先生方を、東京・平井研究所にお迎えしました。
今回はまずご報告第1弾です。

この研修会が、先生方の学校での教育に役立ち、また、その先生方に教わった生徒の皆さんの生活力アップにつながることを願っています。

INDEX

○ 研究所内を見学!

○ お洗濯講義【中・高生に知ってもらいたい!衣類ケアの基本】

○ ティーブレイク

研究所内を見学!

見学コースにある、ライオンの製品が大集合したコーナーでは、オーラルケア、ビューティケア、洗濯用品、掃除用品、機能性食品にペット用品など…日本で発売されている製品のほか、海外で発売されている製品も手にとることができます。製品を使って実験できるコーナーもあります。

お洗濯の研究をする洗濯コーナーは、約70台もの洗濯機が常備されている場所。二槽式、縦型式、ドラム式など、日本で手に入るさまざまなタイプの洗濯機をメーカーごとに各種取り揃えており、最適な洗剤を作るために日々研究しています。いろいろな洗濯機に対応できる洗剤作りのために必要な実験です。

ガンコな汚れの落とし方

お洗濯講義【中・高生に知ってもらいたい!衣類ケアの基本】

「中・高生に知ってもらいたい!衣類ケアの基本」をテーマに、お洗濯マイスター山縣からお話ししました。

イマドキ高校生は、結婚後は共働き家庭を希望

高校生を対象に行った調査によると、1980年と2003年を比較すると、結婚後に妻が専業主婦になることを望む男子83.2→45.5%、結婚後に自分が専業主婦になりたい女子 54.5%→25.3%となり、男女とも「専業主婦のいる家庭」から「共働きの家庭」を希望する人が増えたことが分かりました(ベネッセ未来教育センター調べ、1980年高校1・2年生 3,803名、2003年高校1~3年生 1,000名)。

このことから、家事を含めた生活力を身につけておくことが、男女の区別なく必要になっていることがうかがえます。
その一方で、中・高生の約半数は現在家事の手伝いをしていないという結果も。こうしたことから、家庭科の授業で暮らし方を学ぶことは、今後さらに大切になってくると思われます。

お洗濯の基礎知識。「洗う」ってどういうこと?

「洗う」とは、衣類についた汚れを水に移して、衣類をキレイにすることです。

汚れを落とすために必要なのが、洗剤。洗剤が汚れを落とす仕組みには主に4つの作用があり、その作用について、実験もまじえてご説明しました。

授業にも活かせる内容とあって、受講者の先生方は写真を撮りながら熱心に見入ってらっしゃいました。

洗剤が汚れを落とす仕組み

<水+洗剤>の入ったビーカーと、<水のみ>の入ったビーカーに、毛糸を浮かべてみると・・・。
界面活性剤は水の表面張力を低下させて、繊維や汚れの中に水をしみ込みやすくする働きがあります。
そのため、<水+洗剤>の毛糸にはすばやく水がしみ込み、ビーカーの底に沈みました。

界面活性剤は、本来は混ざり合わない水と油を混ぜる働きを持っています。そのため、<水+洗剤>のビーカーだけ、赤い汚れが混ざっています。

<水+洗剤>の布からは汚れが取れて浮いてきています。界面活性剤は、繊維から汚れを引き離す働きがあります。

しかも、<水+洗剤>と<水のみ>のビーカーに紙を入れて引き上げてみると、<水+洗剤>の紙には赤い汚れがついていません。
これは、落ちた汚れが再び付着するのを界面活性剤が、防いでいるからです。

「お洗濯の豆知識」衣類のタグに水洗いマークがついていれば洗えます!

衣類の取り扱い絵表示について詳しくはこちら

洋服のタグにドライマークが書いてあると、必ずドライクリーニングに出さないといけないと思われがちです。でも正しくは、一緒に水洗いマークがついていれば、家庭で洗ってもクリーニングに出しても、「どちらでも可」という意味で、「どちらを優先」という意味ではありません。「洗濯機」や「手洗イ」の表示があれば、家で水洗いができます。

「お洗濯の豆知識」 一度にたくさん詰め込みすぎないでね!

洗濯物を詰め込みすぎると、洗濯物の動きが悪くなって、汚れが落ちにくくなります。
洗濯機に記載の容量の7~8割くらいまでの量で洗うのがおすすめです。

また昨今では節水のため、水が少なくて済む洗濯機が多く売り出されていますが、衣類に対して水が少なくなり過ぎると、汚れが落ちにくくなってしまいます。洗濯機を使用する場合は、洗濯物の量と、水の量の2つが大切です。

「お洗濯の豆知識」 部屋干しすると、発生するニオイ!どうすればいい?

女性の社会進出や、生活スタイルの変化により、2010年のデータでは、90%以上の若者が部屋干しをしているという結果に!それに加えて、花粉や梅雨の季節には、部屋干しする機会が増えますよね。でも、部屋干しすると…衣類が臭くなりがち。

部屋干しした衣類が臭くなる原因は、洗濯で落としきれずに残った汚れと菌です。お洗濯でしっかりと、落としておきましょう。

また、干し方を工夫することで乾燥時間を短くし、菌が増えるのを防ぐことも重要です。

実際に洗濯物の干し方をお見せして、ちょっとした工夫で早く乾かせることをご説明しました。

 

● 部屋干しのニオイを防ぐ、洗い方についてはこちら

「部屋干し」のイヤなニオイを防ぐお洗濯のコツ

● 部屋干しのニオイを防ぐ、干し方についてはこちら

「部屋干し」のイヤなニオイを防ぐ洗濯物の干し方

「アイテム別」乾きやすい干し方のポイント

「部屋干し臭」対策!角ハンガーでの最適な干し方

ティーブレイク

一日がかりの研修会では、様々な話題も。
そのいくつかをご紹介します。

ティーブレイク1:屋上のビオトープ見学

平井研究所の屋上には東京近郊の水辺環境を再現したビオトープ(庭園)があります。暖かい季節のお昼休みには研究員が散歩しながら気分転換できる、とても気持ちよい場所です。
東京の新名所、スカイツリーもバッチリ見えます。

ビオトープには池もあり、メダカもいます!見えにくいですが、とってもたくさん可愛く泳いでいます。

ティーブレイク2:これも男性社員の仕事のひとつ!

お洗濯コーナーに展示されているこの物体。いったい何だと思いますか?実はこれ、男性社員が顔の汚れを採る道具なんです。これで顔をこすって布に皮脂を付け、実際の汚れをお洗濯の実験に使っています。ライオンの男性社員には、こんなことも仕事のひとつです。ちなみに、お化粧をしている女性は、ファンデーションが付いてしまうのでNGです。

一覧に戻る