学童歯みがき大会

1932年から東京で始まった「学童歯みがき大会」は、小学生に歯と口の健康維持・向上のための動機付けを行い、健康意識を育てることを目的に、毎年「歯と口の健康週間(2012年まで「歯の衛生週間」)」(6月4日~10日)に合わせて開催しています。

5つの特長

  1. インターネットライブ配信で在校のまま手軽に参加することができます。
  2. 健康な歯と口の大切さを学ぶことで、小学生の健康意識、生活習慣がかわります。
  3. 歯のみがき方、ケアポイントが学べます。
  4. クイズや実習などを通して楽しく学べます。
  5. 当日使用する教材は無償で提供いたします。

学童歯みがき大会の歩み

学童歯みがき大会は、小学生に歯と口の健康に関する「気づき」を与え健康意識を育てることを目的に、毎年「歯と口の健康週間(6月4日~10日)」に開催しています。

大会の歴史は古く、1928年(昭和3年)の日本歯科医師会主催「第1回全国むし歯予防デー」や1931年(昭和6年)の「学校歯科医令」公布等に呼応する形で、1932年(昭和7年)ライオンが東京市教育局(現 東京都教育委員会)の後援を得て、第1回大会を開催しました。その後戦争により一時中断されましたが、1953年(昭和28年)東京都学校保健会との共催で、第10回大会として復活しました。

第65回大会よりインターネット同時配信がスタート、第69回大会からは日本学校歯科医会が主催団体に加わり、インターネットで参加する全国規模の大会として、国内はもとよりアジアの小学生も在校のまま参加できる大会へと拡がっています。

1932年(昭和7年)第一回大会

2013年(平成25年)第70回大会