ホーム > くらしに役立つ情報 > 歯とお口の健康情報 > 歯とお口の役割

歯とお口の役割

噛むという行為は、からだの健康や機能に深い関わりを持ちます。歯の構造や唾液(だえき)の働きなど、歯とお口の役割を理解しましょう。

歯とお口の大切さ

歯の役割としくみ

歯には、大きくわけて「食べ物を噛みくだく(そしゃく)」「発音を助ける」「顔の形を整える」という3つの働きがあります。

噛むことの大切さ

噛むという行為には、唾液(だえき)をたくさん出すだけでなく、健康への様々な効果があります。

唾液(だえき)のはたらき

唾液(だえき)には、口の中に残った食べ物のカスや細菌を洗い流す働きがあり、むし歯や歯肉炎の予防につながります。