ホーム > くらしに役立つ情報 > 歯とお口の健康情報 > 歯とお口の役割> 唾液(だえき)の働き [歯とお口の大切さ]

唾液(だえき)の働き [歯とお口の大切さ]

唾液(だえき)は、歯や歯肉をはじめ、からだの健康や機能に深いかかわりを持っています。

ポイント
  • 食べ物をよく噛むと出る唾液には、化学的消化やお口の中の洗浄などのいろいろな働きがあります。

唾液(だえき)の働き

よく噛むと唾液(だえき)がたくさん出ます。唾液には口の中の食べ物のカスや細菌を洗い流す働きがあり、むし歯や歯肉炎の予防につながります

唾液(だえき)の働き

  1. 化学的消化作用:「唾液アミラーゼ」の働きによって、デンプンを分解します。
  2. そしゃくや飲み込みの補助作用をします。
  3. 円滑作用:口の中を湿らせ発音をスムーズにします。
  4. 溶媒作用:食べ物を溶解し、舌で味覚を感じさせます。
  5. 洗浄作用:食べ物のカスや、細菌を洗い流します。
  6. 抗菌作用:リゾチーム、ペルオキシダーゼ、ラクトフェリンが、病原微生物に抵抗します。
  7. pH緩衝作用:急激なpHの変化を防ぎます。
  8. 歯にカルシウムや、リンなどのミネラル分を補給します。