製品詳細

バルサンプロEX ノンスモーク霧タイプ

  • 第2類医薬品

バルサンプロEX ノンスモーク霧タイプ

使いやすく、火災警報器に反応しない※霧タイプのくん煙殺虫剤
※使用方法に従って使用した場合。ガス警報器には反応することがあります。

内容量
6-10畳用(46.5g) / 6-10畳用(46.5g)×2個 / 12-20畳用(93g) / 12-20畳用(93g)×2個
希望小売価格
(本体価格)
6-10畳用(46.5g)880円 / 6-10畳用(46.5g)×2個1,760円 / 12-20畳用(93g)1,380円 / 12-20畳用(93g)×2個2,760円
販売名
霧のバルサンa

添付文書

特長

バルサンで効き目最強シリーズ

3つの有効成分(メトキサジアゾン、フェノトリン、d・d-T-シフェノトリン)が抵抗性チャバネゴキブリ、大型ゴキブリ、ダニ、ノミなどの衛生害虫を駆除します。

火災警報器に反応しない

火災警報器には「煙を感知するタイプ」と「熱を感知するタイプ」があります。「煙を感知するタイプ」は、煙などが機器内に侵入したときに光を遮る率で警報を発します。

『バルサン プロEX ノンスモーク霧タイプ』は霧状で煙も熱も出さないので、煙感知型、熱感知型の両方に反応しません※。

※使用方法に従って使用した場合。ガス警報器には反応することがあります。

嫌なニオイが気にならないハーブミントの香り

ボタンを押すだけで簡単に始動

効能

ゴキブリ、イエダニ、ノミ、トコジラミ(ナンキンムシ)、屋内塵性ダニ類の駆除

使い方

使い方、手順を動画でご覧いただけます

※同じ部屋で「バルサン」「バルサンダニα」「バルサンプロEX」「バルサンいや〜な虫」など、くん煙殺虫剤を同時に使用しないでください。霧タイプのくん煙殺虫剤の噴射ガスに、くん煙殺虫剤の火が引火する危険性があります。

※注意−人体に使用しないでください。

使用上の注意

してはいけないこと

(守らないと副作用・事故などが起こりやすくなります。)

(1) 病人、妊婦、小児は薬剤(霧)に触れないようにしてください。

(2) 人体に向けて噴射しないでください。霧を直接吸入しないでください。万一吸い込んだ場合、咳き込み、のど痛、頭痛、気分不快等を生じることがあります。

(3) 退出後、必ず1時間以上経過してから入室してください。換気のために入室する際、刺激に敏感な方は薬剤を吸い込むと咳き込み、呼吸が苦しくなることがあります。必ず、タオルなどで口や鼻を押さえて薬剤を吸い込まないようにしてください。

(4) 霧が出始めたら部屋の外に出て、所定時間(1時間)以上経過しないうちに入室しないでください。霧が流入する可能性があるので、密閉性の低い隣室にはいないようにしてください。

(5) 使用後は充分に換気をしてから中に入ってください。

(6) 本品の噴射時にくん煙剤を同じ部屋で同時使用しないでください。引火、爆発の恐れがあります。

(7) マッチやライターなどで火をつけないでください。

相談すること

(1) 霧を吸って万一身体に異常を感じたときは、できるだけ製品の説明文書を持って直ちに本品がオキサジアゾール系殺虫剤とピレスロイド系殺虫剤の混合剤であることを医師に告げて、診療を受けてください。

(2) 今までに薬や化粧品等によるアレルギー症状(発疹・発赤、かゆみ、かぶれなど)を起こしたことのある人は、使用前に医師又は薬剤師に相談してください。

その他の注意

(1) 定められた使用方法、使用量を厳守してください。

(2) 本品は可燃性ガスを使用しているので、火気には充分注意し、ガス湯沸器や内釜式浴槽の種火、ヒーター等は必ず消し、ガスの元栓は閉めてください。

(3) 集合住宅等の集中管理方式のガス警報器の場合は、住宅管理者に連絡して使用してください。また、ガス警報器は噴射ガスに反応することがあります。警報器に覆いなどをした場合には、絶対にとり忘れないようにして、必ず元に戻してください。

(4) 食品、食器、おもちゃ、飼料、寝具、衣類、貴金属、仏壇仏具、美術品、楽器、書物、はく製、毛皮、光学機器などに直接霧が触れないようにしてください。また、ペット、観賞魚、植物は部屋の外に出してください。

(5) 精密機器(テレビ、パソコン、オーディオ製品、ゲーム機など)にはカバーをかけ、ブルーレイディスク、DVD、CD、MD、フロッピーディスク、磁気テープなどは直接霧に触れるとまれに障害を起こすことがあるので、専用ケースに収納してください。大型コンピューターのある所では使用しないでください。

(6) プラスチック製品や家具等は直接霧がかかるとシミや変色の原因となることがあるので、本品から1.5m以上離すか、ビニールシート、新聞紙等で全体を覆ってください。

(7) 本品は床面中央に置き、必ず立てた状態で使用してください。

(8) ボタンを押すと同時に上方へ薬剤が噴射するので、顔を近づけないように注意してください。

(9) 皮膚に対して弱い刺激性があるので、薬剤が皮膚についた場合は石けんと水で充分に洗ってください。
 また、目に入った場合は直ちに水でよく洗い流してください。

(10) 食器等に直接薬剤がかかった場合は水で洗い流してから使用してください。

(11) 自動車内では使用しないでください。

Adebe Reader

PDFをご覧になれない方は
ここからAcrobat Readerをダウンロードして下さい。