バファリンAのメイキング・エピソード

バファリンAのメイキング・エピソード

忙しい毎日をこなす一方で、仕事・結婚・出産といった分岐点で揺れ動く現代の女性が、休日に実家に帰り、母のやさしさと『バファリン』に触れて、心と共に、頭痛も癒す場面を描いています。

CMでは、久しぶりに実家に帰った娘が、張り切って料理の下準備をするシーンから始まります。慣れない実家の台所で、娘が「黒コショウ取って、あとビネガーも・・」と母の手を借りて料理をしながら、「あとバファリンも・・」と頭が痛かったことを打ち明けます。頭痛を我慢していた娘に母は『バファリンA』を手渡し、「我慢しなくていいのに・・・。(『バファリンA』は)胃にやさしいんだし。」とやさしく呟き、娘に代わって料理を続けます。そんな母のやさしさを感じ、母の背中を見つめるやさしい娘の眼差しでストーリーは締めくくられます。