バックナンバー

メールマガジン「ライオン製品&生活情報音メール」第17号

2007年11月発行

今回の音メールは、「ノロウイルス」についておとどけします。

◆目次

  1. はじめに
  2. ノロウイルスとは
  3. 感染の経路
    1. [1]食品からの感染型食中毒
    2. [2]感染者からの伝染
  4. 感染後の症状
  5. 治療方法
  6. 感染から身を守る方法
    1. [1]手・肌
    2. [2]食品や調理器具
    3. [3]感染者の糞便や嘔吐物の処理
    4. [4]ドアノブ、便座、テーブル、洗面台など
  7. 製品紹介

(目次終り)

※各見出しの先頭には「●(黒丸記号)」をつけています。黒丸記号を使って本文の検索を行ないますと、見出しごとにジャンプすることができます。

◆お問い合わせ先

ライオン株式会社お客様相談窓口
〒130-8644東京都墨田区本所(ほんじょ)1-3-7
電話 03-3621-6611(月曜から金曜の午前9時から午後5時まで)
FAX 03-3621-6269
E-mailアドレス soudan@lion.co.jp
ホームページ https://lion.co.jp

音メールの配信停止はこちら
https://lion.co.jp/ja/support/act/otomail/form/

メールアドレスの変更はこちら
https://lion.co.jp/ja/support/act/otomail/form/edit/

新規お申し込みはこちら
https://lion.co.jp/ja/support/act/otomail/form/

◆個人情報の取り扱いについて

ライオンでは、読者の皆様の個人情報を取り扱うにあたり、個人の尊厳と情報の有用性を尊重し、法と社会秩序を遵守した上で、社内の諸規程に則った適切な管理を行ない、個人情報の保護に努めて参ります。

「ライオン製品情報(点字版、SPコード付き大活字版)」、「製品&生活情報音メール」、その他の視覚障がい者向け活動でご提出いただいた個人情報は、資料の発送、アンケート等の情報収集、個人を識別できない状態での統計的な資料のために利用させていただきます。万一、それ以外の目的で利用する場合や、利用目的そのものを変更する場合は、必ず事前に読者の皆様にお知らせいたします。また、利用目的に照らして不要となった個人情報については、すみやかに且つ適正に削除・廃棄いたします。

尚、当社の個人情報保護方針及び、個人情報の取り扱いにつきまして、詳しくは下記の当社ホームページをご一読いただければ幸いです。

個人情報の取り扱いについて
https://lion.co.jp/ja/legal/privacy/

個人情報保護方針
https://lion.co.jp/ja/legal/privacy/policy.php

●はじめに

昨今、ノロウイルスによる食中毒が多発の傾向にあり、昨年12月には、感染性胃腸炎が過去25年で最大の流行となったとの報道がありました。また医療機関や福祉施設、飲食店などでの集団感染が問題となっており、感染対策に対する関心が高まっています。

そこで、今回の音メールでは、ノロウイルスに対する情報や感染への対策をご紹介して参ります。

●ノロウイルスとは

1968年、米国オハイオ州ノーウォークの小学校において集団発生した胃腸炎の患者から、このウイルスは発見されました。ノーウォークで見つかったことから、「ノーウォークウイルス」と呼ばれています。

これらはウイルスの中でも小さい部類に属し、電子顕微鏡で見ると、32個のカップ状のくぼみが球形の粒子として観察できることから、「小型球形ウイルス」とも呼ばれています。実験室においては増殖させる方法がまだ見つかっておらず、検査や治療方法に対する研究が他のウイルスに比べて遅れているのが現状です。

2002年、パリで開かれた国際ウイルス学会の国際ウイルス分類命名委員会において、それまで「ノーウォークウイルス」や「小型球形ウイルス」と呼ばれてきたウイルスは、「ノロウイルス属」と命名されることになりました。

●感染の経路

ノロウイルスへの感染経路には、大きく分けて、食品からの食中毒と、感染者からの伝染によるものと2種類があります。

[1]食品からの感染型食中毒

ノロウイルスによる食中毒には、カキやアサリ、シジミなどの二枚貝によるものが最も多いと言われています。日本では特に、秋から冬場にかけてノロウイルスに感染する例が増えますが、これは日本人が冬場にカキをナマで食べる機会が多くなるからではないかと言われています。しかし、ノロウイルスは貝類そのものには感染せず、貝の体内で増殖することはありません。海水中から貝に取り込まれたノロウイルスは、消化器官の中で蓄積することが知られており、このことが食中毒の原因と考えられています。

一方、感染原因の食材が生ガキと特定される割合は年々低下しているそうで、昨年2006年には生ガキが原因と特定された集団の食中毒は報告されていないとのことです。これは、二枚貝に蓄積したウイルスの知識が浸透して、その対策がとられたことによると考えられます。ただ、カキ以外の食材からの感染や、食剤自体が特定されていない例も未だにあるとのことです。

[2]感染者からの伝染

このケースは「糞口感染」とも呼ばれています。人の体内に侵入したノロウイルスは、腸壁細胞に感染して増殖し、新しく複製したウイルスは腸管内に放出されます。そのため、感染者の糞便と一緒に外へ排出されるほか、嘔吐した場合には、腸管内の内容物が胃に逆流して、嘔吐物とともに排出されます。

この糞便や嘔吐物がごくわずかでも飲食物に混入したり、汚物を処理する際、少数のウイルスが手指や衣服、器などに付着したりすると、そこから人の口に入って経口感染します。

ノロウイルスの場合、少数のウイルスが侵入しただけでも感染して発病すると言われていますが、乾燥したわずかな糞便や嘔吐物であっても、その中に含まれるウイルスによって、空気感染することもあると言われています。

そのため、発病している人はもちろん、感染しているものの胃腸症状が現れなかった人でも感染源になる場合があり、食品の取り扱いには十分な注意が必要になります。

●感染後の症状

症状のはじまりは突発的に起こることが多く、床につくと突然腹の底からこみ上げてくるような感触が起こり、吐き気をもよおします。その後、トイレのそばを離れられないほどの激しい吐き気がしばらく続きます。吐き気が治まった後は、急激に激しい悪寒に襲われ、場合によっては発熱を伴うこともあるそうです。

ノロウイルスは人に感染し発症すると、上記のような感染性胃腸炎を起こしますが、これらの症状は通常、1、2日で治まり、後遺症が残ることはありません。ただ、免疫力の低下した老人が、吐いたものを喉に詰まらせて死亡した例は報告されています。

一方、感染しても発症しないまま終わる場合や、風邪と同様の症状が現れるのみの場合があります。

嘔吐、下痢、腹痛を伴う風邪といった場合に、ノロウイルスなどによる感染症の可能性も低くないと言われています。これらの人もウイルスへの感染が成立しているため、糞便中にウイルスが排出されています。この場合も十分注意が必要です。

●治療方法

現在のところ、ノロウイルスに対する有効な抗ウイルス薬等は存在しません。下痢がひどい場合、対症療法的に水分の損失を防ぐため、輸液などを用いることがあるようです。下痢止めの使用については、ウイルスを体内にとどめることになるので、用いるべきではないとする専門家もいます。医師の指示がなく、仕事や生活上でも特に必要でない限り、下痢止めの服用は避けるのが望ましいという説もあります(厚生労働省より)。

一方、重症例においては、患者を総合的に判断すべきという意見もあります。ノロウイルスは主に小腸で増殖することはわかっていますが、大腸細胞での増殖は実験室レベルにおいてまだ成功していないといいます。下痢止めは主に大腸に作用しますが、本当に下痢止めが大腸でのウイルスの生存に関係するのかどうかに関しては、明らかにされていません。

その他、スポーツドリンクを電子レンジなどで人肌に温めてから飲むことが推奨されています。スポーツドリンクがない場合は、0.9%の食塩水(水100mlに食塩0.9gを溶かした生理食塩水)を作り、人肌に温めて飲むことが推奨されています。逆に、湯冷ましやお茶などは水分の吸収が遅いため推奨されていません。尚、甘味のあるスポーツドリンクは、弱った胃腸に良くないという意見もあるようです。

●感染から身を守る方法

ノロウイルスの消毒には塩素系漂白剤などに採用される次亜塩素酸ナトリウムの使用が効果的との報道が飛び交っていますが、次亜塩素酸ナトリウムは手の消毒など人体の消毒には適していません。

消毒薬の選び方としては、対象のウイルスに効果があるかないかという選択肢だけでなく、消毒する対象物(例えば人体か器具か)、素材(例えば金属かプラスチックか)、部分的か広範囲かなど色々な条件を考慮して準備することが重要になります。

感染経路を考えるとノロウイルスの場合、特に飲食物を扱う人が注意することで、効果的に感染予防に結びつくと考えられます。特に、調理にたずさわる者が十分に手洗いすることや、調理器具を衛生的に保つことが重要になってきます。

[1]手・肌

ノロウイルスは、逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム)や消毒用エタノールには抵抗性が強く、これらでは十分効果が得られません。また、次亜塩素酸ナトリウムは皮膚への刺激や手荒れが心配されるため、使用はおすすめできません。

一方、石鹸と流水で物理的に洗い流すことによって、感染予防が期待されます。食事の前、調理の前、トイレの後の手洗いを徹底しましょう。手を拭くタオルやハンカチも常に清潔なものを使うよう心がけます。

[2]食品や調理器具

ノロウイルスは85℃以上1分間以上の加熱によって感染性を失うため、特にカキなどの食品は中心部まで充分加熱することが食中毒予防に重要です。生ガキを扱った包丁やまな板、食器などを、そのまま生野菜など生食するものに用いないよう、調理器具をよく洗浄し、0.1%に希釈した次亜塩素酸ナトリウムで消毒をすることも大切です。

洗浄と消毒の順番については、最初に洗浄と十分なすすぎ、次に消毒です。この順番を逆にすると、効果が弱くなってしまうので注意しましょう。

[3]感染者の糞便や嘔吐物の処理

感染者の糞便や嘔吐物は水洗トイレに流します。また感染者が失禁をしている場合は紙おむつを使用して使用後はきちんと密封して処分することがすすめられます。また感染者の糞便や嘔吐物で汚染された環境は、使い捨ての手袋、マスクを着用し飛び散りに注意して拭き取り、その後に0.1%に希釈した次亜塩素酸ナトリウムを雑巾などに含浸させ清拭消毒を行います。作業終了後は、流水と石鹸で手洗いを行います。

[4]ドアノブ、便座、テーブル、洗面台など

0.1%に希釈した次亜塩素酸ナトリウムを雑巾などに含浸させ、清拭消毒を行います。

なお、次亜塩素酸ナトリウムには金属腐食性があるために、金属素材の物品に使用するとサビが出る場合があります。消毒を行う際、広範囲の使用は避け、汚染された部位のみに限定します。また、使用する場合などは換気に十分注意してください。また酸と混ざると有毒ガスの塩素ガスが発生する為、取り扱いに注意が必要です。したがって、ノロウイルス感染が身近に発生していない時点では、次亜塩素酸ナトリウムの代わりに消毒用エタノールを含浸させ清拭消毒をすることをお奨めします。消毒用エタノールにはノロウイルスをある程度の不活性化する効果があります。それだけでは十分な効果とは言えませんが、清拭によりノロウイルスを物理的に拭き取るという効果も合わせて考えると、日常的な場面では十分な対策であると考えられます。

●製品紹介

ノロウイルス対策に役立つ、ライオン製品をご紹介します。下記製品の価格は参考価格です。お店によって異なる場合がございます。あしからずご了承下さい。

キレイキレイ薬用ハンドソープ

ポンプ250ml380円、つめかえ用200ml260円

殺菌成分配合で、手肌を清潔に保つ液体の薬用ハンドソープです。天然エッセンシャルオイル(ローズマリーオイル)を配合しています。すすいだ後、手に香りが残りにくいシトラスフルーティの香りです。

押しやすい大型のポンプヘッドで、つめかえやすいようにボトルの口径を広げてあります。内容量が外からわかるウィンドウストライプ付きです。使いはじめはノズル部にストッパーがついているので、板状のストッパーを右に倒しながら引張ってはずして下さい。5~6回押すと液が出てきます。白を基調としたボトルで、つめかえ用パウチには緑の帯が上部と下部にデザインされています。容器材質:すべてプラスチック

キレイキレイ薬用泡ハンドソープ

ポンプ250ml450円、つめかえ用200ml350円

ポンプを押すと、はじめから泡で出てくる薬用ハンドソープです。泡立てが上手くできない小さなお子さんでも、しっかり手洗いができます。殺菌成分配合です。新たに天然エッセンシャルオイル(レモンオイル)を配合しました。すすいだ後に、香りが残りにくいシトラスフルーティの香りです。使いはじめはポンプ下のノズルにストッパーがはめ込まれ、シールで止めてあるので、シールをはがしてストッパーを横に抜き取って下さい。5~6回押すと泡が出てきます。白を基調としたボトルで、つめかえ用パウチにはピンク色の帯が上部と下部にデザインされています。容器材質:すべてプラスチック

キレイキレイブクブクガラガラ液

すっきりメントール味、さわやか青りんご味各60ml600円

親子でお使いいただけるうがい薬です。殺菌成分CPC(塩化セチルピリジニウム)が口の中や喉にすぐれた殺菌効果を発揮します。お口の洗浄、口臭除去にも効果的です。透明なうがい液なので、衣服や洗面台に液が飛んでも着色しにくく目立ちません。

すっきりメントール味(外箱は青)は、大人が使ってもスッキリとした清涼感が味わえるメントール味で、さわやか青りんご味(緑)は、お子さんにも使いやすい苦味の少ない青りんご味です。計量しやすいプッシュ式の計量ボトルです。

1回約2mlをコップ半量(100ml)の水で薄め、1日数回うがいをします(さわやか青りんご味の場合、1回約1mlを50mlの水もしくは約2mlを100mlの水で薄めてお使い下さい)。回して開くスクリューキャップです。容器材質:紙とプラスチック

ルックヌメリ&カビ速攻バスター

スプレー400ml370円、つけかえ用400ml270円

この製品は塩素系成分を配合しているので「まぜるな危険」の表示があります。1本でキッチンの「ヌメリ」と浴室の「カビ」をこすらず落とす、スプレータイプの塩素系製品です。ヌメリの原因は、菌が産出する粘性物質に食材カスや油汚れなどが絡み合ってできていますが、ヌメリ崩壊イオンは強固な粘性物質をバラバラに分解します。また、主成分の次亜塩素酸の力を最大限発揮させるpHコントロール成分を配合し、ヌメリにもカビにも3分で効果を発揮します。オレンジ色を基調とした容器です。容器材質:すべてプラスチック

※ご注意
  1. (1)酸性タイプの洗浄剤(トイレ用の塩酸系クリーナーなど)と混ぜると人体に有害な塩素ガスが発生して危険なため一緒に使わない。
  2. (2)体調のすぐれない方や心臓病、呼吸器疾患などの方は使わない。
  3. (3)使用するときは、炊事用手袋を使用する。もし手に付いた場合は水でよく洗い流す。
  4. (4)窓や戸を開けたり換気扇を回すなど、必ず換気する。2ヶ所以上開けると換気効果が高くなります。
  5. (5)目に入ったときはこすらず、すぐに流水で15分以上洗い流す。そのまま放置すると失明のおそれがあります。
  6. (6)皮膚についたときは、すぐに水で十分洗い流す。異常があるときは医師に相談する。
  7. (7)使用中、目にしみたり、咳込んだり、気分が悪くなったときには使用を止めて、その場から離れ、洗眼、うがい等をする。
  8. (8)使用後は必ず手を洗い、その後、顔、目も洗う。

キッチンキレイキレイ除菌&漂白

本体550ml190円

高い除菌力と漂白力で台所を清潔に保つ、つけおきタイプの塩素系漂白剤です。ふきんやまな板、スポンジなどについたバイ菌を取り除き、ふきんのシミや食器の茶シブなどを漂白して落とします。

使用量の目安は、ふきん・おしぼりの場合、5Lの水に対して30ml(キャップ1杯)、食器・湯飲みカップ・きゅうす・まな板の場合、5Lの水に対して50ml(キャップ2杯弱)、食器洗い用スポンジの場合、5Lの水に対して6ml(キャップ1/6杯)、冷蔵庫内・食器棚の場合、5Lの水に対して10ml(1/3杯)、哺乳びんの除菌の場合、1Lの水に対して10ml(キャップ1/3杯)です。

ふきんや食器、哺乳びんなどのつけおきは30分を目安にし、汚れがひどい場合には少し長めにします。食器洗い用スポンジは2分を目安に揉み洗いをします(長時間つけたままにすると変色することがあります)。いずれも最後によく水ですすいで下さい。冷蔵庫内などはふきんをかたく絞ってから拭き、その後水拭きします。色柄物の繊維製品、金属性の容器・用具、メラミン食器、漆器、獣毛のハケ、食品などには使えません。取っ手付きの淡い青色のボトルで、キャップはオレンジ色です。おもて面に「まぜるな危険ー塩素系」の注意表示が大きく書いてあります。

容器材質:すべてプラスチック

「ライオン製品&生活情報「音メール」第17号終り。