メディカルケア:シップ薬

「ハリックス」の温感と冷感は、どのように使い分ければよいですか。

打ち身、捻挫など急性の痛み(局所が赤く腫れ熱をもって痛む)には、冷感タイプ、慢性の痛みには温感タイプというのが一応の目安です。

患部の熱が引いた後は、冷感タイプ、温感タイプどちらでも、貼って気持ちよい方をお使いいただいて構いません。

こちらの情報もご覧ください。

シップ薬一覧へ戻る