害虫の退治:害虫の退治

くん煙殺虫剤の「バルサン」の使用方法を教えてください。

くん煙剤使い方ムービーをご覧ください。

http://varsan.lion.co.jp/smoke_use/

「バルサン」、「バルサン プロEX」

(1)部屋の窓、換気口などを閉めてください。
(2)害虫の隠れ場所となる戸棚、引き出し、押入れなどを開放してください。なお、食品、食器、寝具、衣類などは直接煙が触れないように、ビニールシートや新聞紙でカバーするか部屋の外に出してください。
(3)煙が触れないようにテレビ、パソコン、オーディオ製品などの精密機器や楽器にはカバーをしてください。
(4)ペット類や鑑賞魚、植物などは部屋の外に出してください。
(5)煙を感知する火災警報器、微粒子を感知するガス警報器は反応することがあるので、袋などで覆ってください。
(6)部屋の床面のほぼ中央に本品を置き、内側のシールを完全にはがしてください。
(7)始動用スリ板(フタの茶色部分)で、容器中央の緑色のヘッドをマッチを擦る要領で軽い力でこすってください。こすると一瞬小さな炎が出ます。
(8)数秒後に4つの穴から煙が出始めます。煙は約20-30秒間でます。
(9)煙が出始めたら部屋の外に出て、所定時間部屋を閉め切った後、煙を吸い込まないようにして窓や扉を開放し、充分に換気してから中に入ってください。
(10)部屋の床は駆除した害虫を取り除くため、掃除機をかけてください。

「水ではじめるバルサン」、「水ではじめるバルサン プロEX」

(1)部屋の窓、換気口などを閉めてください。
(2)害虫の隠れ場所となる戸棚、引き出し、押入れなどを開放してください。なお、食品、食器、寝具、衣類などは直接煙が触れないように、ビニールシートや新聞紙でカバーするか部屋の外に出してください。
(3)煙が触れないようにテレビ、パソコン、オーディオ製品などの精密機器や楽器にはカバーをしてください。
(4)ペット類や鑑賞魚、植物などは部屋の外に出してください。
(5)煙を感知する火災警報器、微粒子を感知するガス警報器は反応することがあるので、袋などで覆ってください。
(6)フタを外し、天面のシールをはがしてください。金属缶の入ったアルミ袋、添付文書、警報機カバーを取り出してください。
(7)水をプラスチック容器の黒破線のところまで正しく入れてください。水を入れすぎたり、水が少ないと効果に影響を与えることがあります。
(8)水を入れたプラスチック容器を部屋の床面のほぼ中央に置いてください。アルミ袋を開け、金属缶を取り出し、缶の矢印の向きが上になるように水に浸してフタをはめてください。
(9)約30秒後に煙が出始めます。約20~30秒間勢いよく煙が出ます(その後徐々に弱まり、約8分間続きます)。
(10)煙が出始めたら部屋の外に出て、所定時間部屋を閉め切った後、煙を吸い込まないよう窓や扉を開放し、充分換気をしてから中に入ってください。
(11)部屋の床は駆除した害虫を取り除くため、掃除機をかけてください。

「バルサン プロEX ノンスモーク霧タイプ」「香るバルサン」

(1)部屋の窓、換気口などを閉めてください。
(2)害虫の隠れ場所となる戸棚、引き出し、押入れなどを開放してください。なお、食品、食器、寝具、衣類などは直接霧が触れないように、ビニールシートや新聞紙でカバーするか部屋の外に出してください。
(3)霧が触れないようにテレビ、パソコン、オーディオ製品などの精密機器や楽器にはカバーをしてください。
(4)ペット類や鑑賞魚、植物などは部屋の外に出してください。
(5)ガス警報器、ガスと火災の両方を感知する複合型警報器には反応することがあるので、袋などで覆ってください。
(6)ガス湯沸器や内釜式浴槽の種火やヒーター等は必ず消し、ガスの元栓は閉めてください。
(7)部屋のほぼ床面中央に本品を置き、火災警報器に直接かからない方向に噴射口を向けてください。
(8)ボタンを指でカチッと音がして固定される位置まで押し込んでください。
(9)霧が出始めたら部屋の外に出て、所定時間部屋を閉め切った後、霧を吸い込まないよう窓や扉を開放し、充分換気をしてから中に入ってください。
(10)部屋の床は駆除した害虫を取り除くため、掃除機をかけてください。

害虫の退治一覧へ戻る