衣料のお手入れでトラブルが発生したとき

塩素系漂白剤で処理をしたら、ワイシャツの衿とカフス部分が黄ばんでしまった。

事例

衣料: 白のワイシャツ
素材: ポリエステル 65%
綿 35%
取り扱い絵表示: 洗濯機40度マーク 塩素系漂白剤禁止マーク アイロン中温マーク 弱く脱水マーク 日陰の吊り干しマーク

原因

衿とカフスに使われている芯地の樹脂(メラミン系)が塩素と反応し、黄色のクロルアミン化合物ができたため。

回復方法

黄変してしまった樹脂加工品は還元型漂白剤(ハイドロサルファイト)で回復が可能。

防止策

・取り扱い絵表示を確認し、右図の表示がある衣料には塩素系漂白剤を使用しない。 
・素材にあった漂白剤を選ぶ。

トラブル対処法一覧へ戻る