衣料のお手入れでトラブルが発生したとき

洗濯をしたら、パステルカラーのブラウスが元の色と違う色合いになってしまった。

下記は2016年11月までの従来表示のトラブル事例です。
なお、衣類の新しい「取扱い表示」については、生活情報メディア「Lidea」をご覧ください。

事例

衣料: ブラウス
素材: 綿 95%
ポリエステル 5%
取り扱い絵表示: 手洗い30度マーク 塩素系漂白剤禁止マーク アイロン低温当て布マーク ドライマーク

生成・淡色系のものは、無蛍光洗剤を使用し、十分すすぐ。

原因

蛍光増白剤入りの洗剤で洗って、蛍光増白剤が染着したため。

回復方法

蛍光増白剤の入っていない洗剤を使用し、繰り返し洗濯することでしだいに元の色合いに回復する場合がある。

防止策

・パステルカラーや生成りの衣料には蛍光増白剤が入っていない洗剤を使用する。
・蛍光増白剤の付いている衣料と一緒に洗わない。
・付記された文字など、取り扱い絵表示以外の情報を確認する。

トラブル対処法一覧へ戻る