衣料のお手入れでトラブルが発生したとき

ニットを洗濯した後、ハンガーにつるして干したら、袖丈や身丈が伸びてしまった。

事例

衣料: ざっくり編みのニット
素材: 麻 59%
綿 41%
取り扱い絵表示: 手洗い30度マーク 塩素系漂白剤禁止マーク アイロン中温当て布マーク ドライマーク 日陰の平干しマーク

原因

型くずれしやすいニット製品をハンガーで干したために、縦方向に伸びてしまった。
特に粗い編目のニット製品や、脱水が不十分な場合は、水分を含んで重くなるので伸びやすくなる。

回復方法

再度、濡らして形を整えて、平干しなどを行えば回復は可能。

防止策

・伸びやすい衣料はハンガーに吊り干ししない。
・平らなところに広げて平干しするか、竿に二つ折りにかけて干す。
・袖は垂らさないようにする。
・脱水は充分に行う。

トラブル対処法一覧へ戻る