住まいのお手入れでトラブルが発生したとき

塩素系カビ取り剤をスプレーしたら、浴室のタイルが茶色に変色した。

事例

原因

タイル表面に何らかの要因によって付着した微量の金属(鉄、銅)が塩素系カビ取り剤(次亜塩素酸ナトリウム)で酸化されて着色したものと推定される。

回復方法

「おふろのルックみがき洗い」などの液体クレンザーで根気よくこする。それでも落ちない場合は、還元系漂白剤または液体酸素系漂白剤(酸性)を塗布することで回復することがある。

防止策

変色はタイル表面に微量の金属分(鉄、銅)が付着していたためと考えられますが、金属がどこからきたのか明確ではありません。したがって現時点では有効な防止策はありません。

トラブル対処法一覧へ戻る