住まいのお手入れでトラブルが発生したとき

浴槽(風呂釜)に青い線がついている。

事例

原因

給湯配管、風呂釜などの熱交換器に銅が使用されている場合、水と共に流出されてきた銅イオンが、石けんや湯垢に含まれる脂肪酸と結合し、青色を呈する銅石けんが生成し、浴槽の喫水線に集中したものである。

銅イオン  石けん     銅石けん
Cu+++R-COO-Na+=(R-COO-)2Cu++

銅イオンは銅の内面が新しい時に溶け出しやすく、水を長期間通すことによって酸化銅の被膜が形成されて、溶けにくくなる。酸化銅の被膜は、一般的に数週間から数か月で形成されるが、遊離炭酸の高い水では形成されにくいこともある。また、湯沸器等では、水温が高く、滞留している間に銅が水に溶けやすくなっている。

回復方法

アルカリ性洗剤やアンモニア水を少量滴下してから、スポンジ等でよくこすり、食酢で中和して洗い流す。

防止策

石けんや湯垢が残らないようにこまめに手入れをすることが大切です。

トラブル対処法一覧へ戻る