“家事ギャップ”解消による「夫婦円満都市」を応援!
千葉県流山市・ライオン株式会社 共同イベント実施のお知らせ

ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)は、自治体と協力して実施している家事シェア推進を目的とした取り組み「夫婦円満都市推進プロジェクト」にもとづく共同イベントを、首都圏では初めて千葉県流山市と実施いたします。
総務省の調査によると、働く女性の割合は68.5%(15~64歳)であり、育児をしている女性の有業率も64.2%と高まっています(総務省統計局「平成29年就業構造基本調査結果」)。 働く女性が増える中、家庭内では家事分担に対する不公平感など、家事に対する夫婦間の意識や行動の様々なギャップが継続して存在しています。流山市では、家事を主に担っている人同士が助け合う活動が活発で、家事負担低減への取り組みが進んでいます。一方で、家庭内のコミュニケーションが希薄化するといった新たな課題を生じつつあります。
ライオンは、自治体や企業と協力して、夫婦間の家事に関する意識や行動のギャップを解消し家事シェアを応援する取り組みである「夫婦円満都市推進プロジェクト」※1を2016年より実施しています。宮崎県日南市、山形県山形市にて活動し、2018年8月からは佐賀県の「マイナス1歳からのイクカジ推進事業」への協力もスタートいたしました。
この度、「母になるなら、流山市。」「父になるなら、流山市。」として、子育てをしながら 働ける環境整備に注力している千葉県流山市と共同で、夫婦ともに働き、子育てしやすい環境づくりの一助となる夫婦での家事シェア応援の機会を創出します。

※1「夫婦円満都市推進プロジェクト」について
ライオン株式会社が自治体や企業と協力して実施している、夫婦間の家事ギャップ解消による家事シェア推進を目的とした取り組み。家事ギャップ解消セミナーの開催や、家事シェアためのハウツー動画を作成すると共に、ライオンの生活情報メディアLidea(https://lidea.today/projects/enman)を通して、プロジェクトの成果を広く公開。

プロジェクトが目指す「夫婦円満都市」とは、「お互いの状況を理解し合いながら、“家事”について話し合うことができる夫婦」を増やす取り組みを実践している都市。家事を夫婦でシェアできる家庭が増えることで、夫婦共に働きやすく、子育てしやすい都市のこと。

1.家事ギャップ解消セミナー概要

流山市とライオンとの共同企画の第一弾として、“いい夫婦の日”の直前11月10日に、流山市が主催するイベント内で、夫婦の家事ギャップの実態とその解消が楽しくわかる「家事ギャップ解消セミナー」を実施します。

<日時>
平成30年11月10日(土) 10時から16時

<場所>
流山おおたかの森駅南口都市広場 イベント「Harvestival」(ハーヴェスティバル)内

<内容>
「皿洗いセンター試験」など、夫婦の家事ギャップを解消する家事のコツやコミュニケーションがわかる講座。参加者には、流山市から「夫婦円満認定書」をお渡しいただきます。ライオンからは家事ギャップ解消に役立つ「夫婦円満マニュアル」、家事に関する揉め事が発生した時のお助けアイテム「ごめんなサイコロ」の他、ライオンの商品を進呈。

2.ライオンの生活情報メディア「Lidea」で、流山市民が登場する記事を公開

流山市在住の夫婦が、家事に対する意識や、家事のやり方のギャップを埋めることができるのか、楽しく紹介するコンテンツを公開いたします。

ライオンの生活情報メディア「Lidea」について

くらしに役立つ生活情報を提供する「ライオン快適生活研究所」が中心となり、みなさまとともに、くらしとココロを彩るようなIdea(=知恵や情報)を共有している生活情報メディアです。

報道関係の方 お問い合わせ窓口

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る