『デントヘルス』新メッセンジャー「余 貴美子」さんのTVCM
新製品『デントヘルス薬用ハミガキ 口臭ブロック』発売に合わせて放映開始

ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)は、「今ある歯を1本でも多く守る」を実現するオーラルケアブランド『デントヘルス』の新メッセンジャーに「余 貴美子」さんを起用した新TVCMを、新製品『デントヘルス薬用ハミガキ 口臭ブロック』の発売(2018年9月19日(水))に合わせ放映開始いたします。

1.CM制作の意図

『デントヘルス』は、「今ある歯を1本でも多く守る」という考えのもと、当社の技術を結集した徹底的なケア方法を、生活者の口腔環境と意識の変化に合わせてご提案することで、おいしく食べ、楽しく話し、笑って過ごす毎日を応援するブランドです。
この度、歯ぐきに加えて口臭が気になる50歳代からの方に向けて、口臭ケアができる『デントヘルス薬用ハミガキ 口臭ブロック』を新発売するにあたり、TVCMを刷新しました。
「口臭は会話と一緒にやってくる」をテーマとして、会話の言葉に「口臭」の文字がぶら下がって人に届く様子を映像化した「ニオイブラブラ篇」は、日常会話の中で、友人の口臭に気づき、翻って自分自身の口臭が気になって不安になる気持ちをコミカルに描き、口臭ケアに対して「自分もやってみよう」と思っていただけるようなストーリーです。

2.「余 貴美子」さんの起用について

余 貴美子さんは、映画やテレビドラマなど多くの作品に出演されている実力派女優であり、また50歳代以上の大人の女性に対する説得力と共感性がとても高いことから、『デントヘルス』ブランドの新しいメッセンジャーにふさわしく、起用いたしました。

3.CM撮影現場のエピソード

CM撮影では、見えない口臭をコミカルに“見える化”するために、「おひさしぶり~」の台詞にブラブラとぶら下がる「口臭」の文字を、実際の模型で作成して使用しました。日常の何気ない挨拶とともに届く口臭が見えたらどうなるか、独特の世界観を演出しています。
余さんは、ひとつの台詞においても、様々な表現や表情で演じて下さり、非常に説得力のあるわかりやすいシーンになりました。

新CMはこちらのサイトでもご覧いただけます。(2018年9月下旬より公開):
http://denthealth.lion.co.jp/cm/

【出演者紹介】 ◎余貴美子(よ きみこ) 神奈川県出身。女優
演劇活動を経て、映画、テレビへと活動の場を広げる。2008年第63回毎日映画コンクール田中絹代賞受賞、また同年「おくりびと」、09年「ディア・ドクター」、12年「あなたへ」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞など受賞歴多数。近年の出演作に、映画「シン・ゴジラ」(16)、「後妻業の女」(16)、日台合作映画「おもてなし」(18)、「榎田貿易堂」(18)、テレビでは現在放送中のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」に出演中。

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

03-3621-6661

一覧に戻る