ページの先頭です

かゆみ・充血を治し、目やに※1が気になるときにも効果を発揮する眼科用薬
『スマイル40 メディクリアDX』新発売

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、ビタミンAや二つの生薬由来の抗炎症成分を含む7種類の有効成分を配合して、年齢や目の酷使などによる目のかゆみや充血を治し、目やに※1が気になるときにも効果を発揮する眼科用薬『スマイル40 メディクリアDX』を2019年9月25日(水)より全国で新発売いたします。

※1:目のかすみ(目やにの多いときなど)。

1.発売の狙い

スマートフォンの普及などにより目を酷使する人が増え、40代以降の男女の約70%は「目の疲れ」に悩んでいます。40代以降の目のトラブルは多様化しており、「目の疲れ」の他にも、「目のかゆみ(41%)」や「充血(25%)」、「目やに(25%)」を気にしている人も多くいます(2019年 当社調べ)。
年齢とともに、目のかゆみ・充血や、目やにに悩む人が増える原因の一つに、年齢により涙の分泌量が減ることで、角膜が傷つきやすくなるとともに、細菌やほこりに対する瞳の抵抗力が低下し、炎症が起こりやすくなることが挙げられています。
そこでこの度、涙をとどめ、角膜を修復する作用があるビタミンAに加え、二つの生薬由来の抗炎症成分を配合し、かゆみ・充血を治し、目やに※1が気になるときにも効果を発揮する眼科用薬『スマイル40 メディクリアDX』を新発売いたします。

 

2.発売日・地域

2019年9月25日(水) 全国
※この商品は薬局・薬店でお買い求めになれます。

3.商品名・容量・価格

商品名容量希望小売価格(コ)
スマイル40 メディクリアDX
(第2類医薬品)
15mL 1500円

※上記希望小売価格は税抜き価格です。

4.商品特長

生薬由来の二つの抗炎症成分を配合。年齢とともに炎症を起こしやすくなる瞳をサポートする

「ベルベリン塩化物水和物」と基準内最大量※2配合した「グリチルリチン酸二カリウム」が、目のかゆみや充血を抑えます。

※2:一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大量配合:承認基準とは、厚生労働省が承認事務の効率化を図るために定めた医薬品の範囲のこと。

「目のかゆみ」「目の充血」に優れた効果を発揮する
「クロルフェニラミンマレイン酸塩」の抗ヒスタミン作用、「塩酸テトラヒドロゾリン」の充血除去作用で、目のかゆみ、目の充血をしっかり抑えます。

3種類のビタミン(「ビタミンA」、「ビタミンE」、「ビタミンB6」)が、疲れた目に直接働き、目の細胞の代謝を高める

目やにが気になるときにも効果を発揮する

目やにとは、まぶたからの老廃物(涙液、角膜・結膜から脱落した古い細胞、ほこり、粘液、白血球、細菌等)などが固まったものです。炎症が起きると目やにも増えます。

防腐剤無添加
ベンザルコニウム塩化物やソルビン酸カリウムなどの防腐剤を配合せず、目薬の緩衝剤等として従来から使われている成分の組み合わせにより、目薬の防腐効果を実現する独自技術を採用しています。パッケージにもわかりやすく記載しています。

5.有効成分〈100mL中〉

レチノールパルミチン酸エステル(ビタミンA) 10,000単位
酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE) 0.05g
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 0.08g
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.03g
塩酸テトラヒドロゾリン 0.02g
ベルベリン塩化物水和物 0.01g
グリチルリチン酸二カリウム 0.25g

6.効能

目のかゆみ、結膜充血、目のかすみ(目やにの多いときなど)、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、目の疲れ、眼瞼炎(まぶたのただれ)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感

7.用法・用量

1日3~6回、1回1~3滴を点眼してください。

~スマイル最高峰※3シリーズ ラインアップ~
治す眼科用薬
ビタミンA配合で、つらい症状をもとから治す眼科用薬
URL:https://smile.lion.co.jp/

 

※3:『スマイル40 プレミアムDX』、『スマイルザメディカル A』、『スマイルザメディカル A コンタクト』は『スマイル』の一般用眼科用目薬としてビタミンAを最大量配合。『スマイル40 メディクリアDX』は、『スマイル』の一般用眼科用目薬としてグリチルリチン酸二カリウムを最大量配合。

※4:目やにの多いときなど。

『スマイル』シリーズには、上記のほか、中高年の方向けの『スマイル40EX』シリーズ、輝く健やかな瞳を実現する『スマイルホワイティエ』シリーズ、コンタクト装用時の瞳のダメージを抑制するほか、装用時の諸症状を改善する『スマイルコンタクト』シリーズなどがございます。

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

消費者の方

お  客  様  セ  ン  タ  ー

TEL:0120-813-752

一覧に戻る