ページの先頭です

ライオン、宮城県石巻市との包括連携協定締結1周年にあたり
石巻南浜津波復興祈念公園への植樹1万本を支援

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、宮城県石巻市と、東日本大震災の復興支援活動とともに、市民の健康増進と健康寿命の延伸を図ること、地域共生社会の実現をお手伝いすることを目的とした包括連携協定を締結し、歯みがきや手洗いの啓発活動などの活動を行っています。このたび、この活動の報告会(2020年2月3日)にて、石巻南浜津波復興祈念公園の植樹計画の1割にあたる1万本を5年間かけて植樹することを目標に加え、活動を進めていくことを公表いたしました。


石巻市役所で行われた包括連携協定活動報告会の様子
右:亀山石巻市長
左:ライオン株式会社 小林取締役上席執行役員

当社は、東日本大震災の復興支援として2011年10月から、創業者ゆかりの地である宮城県石巻市にて活動を行っています。2019年には、復興支援とともに市民の健康増進と健康寿命の延伸を図ること、地域共生社会の実現をお手伝いすることを目的とした包括連携協定「東北に元気を love.石巻プロジェクト」を締結し、オーラルヘルスケアの推進を中心に、協働して活動を行っています。
石巻市と当社は、包括連携協定締結から1年後の2020年2月3日(月)に、1年間の活動を振り返る活動報告会を実施し、その活動の一環として石巻南浜津波復興祈念公園の植樹活動を、5年間で1万本を目標に実施することを公表いたしました。石巻南浜津波復興祈念公園は、東日本大震災の津波と火災の延焼により400人余りの方々が犠牲になった場所で、現在、国・宮城県・石巻市が震災復興のシンボルとなる公園として整備を行っています。1万本の植樹は、公園内の植樹の約1割にあたります。当社では、苗木の寄付はもちろん、当社の従業員や関係者の協力も得て植樹を進めるとともに、継続的なメンテナンスを支援していく予定です。

東日本大震災における当社の取り組み:https://www.lion.co.jp/ja/csr/reconstruction/

当社は、今後も地域の住民や行政、市民団体などと連携を図り、地域社会との共生をもって、サステナブルな社会の発展に貢献する活動に取り組んでまいります。

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る