ページの先頭です

ライオン、東京都墨田区とハブラシリサイクルに関する協定を締結

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、東京都墨田区(区長・山本 亨)と、プラスチックの資源循環を目的に、ハブラシリサイクルに関する協定を2020年3月31日(火)に締結いたしました。行政のごみ回収事業と連携した当社のハブラシリサイクル活動は、今回が全国で初となります。

協定締結の様子
左:東京都墨田区 山本 亨 区長
右:ライオン株式会社 小林健二郎取締役上席執行役員

墨田区とのハブラシリサイクルに関する協定について

当社と墨田区は、プラスチックの資源循環を目的に、連携して使用済みハブラシの回収、リサイクルを行うことで合意し、ハブラシリサイクルに関する協定を締結いたしました。
墨田区の公共施設等、計85ヵ所に回収ボックスを設け、使用済みハブラシを回収いたします。集まったハブラシは、すみだ清掃事務所の清掃職員が定期的に集め、当社指定のリサイクル関連企業にて再資源化をし、植物プランターなどのプラスチック製品の素材として活用します。
また、当社では回収量に応じて、区内子ども食堂などを利用する子どもたちに向けて、当社製品(新品のハブラシ等)を提供するとともに歯みがき指導等を行い、オーラルケア習慣の普及、定着に協力してまいります。

<ハブラシリサイクルに関する協定の概要>
目的:プラスチックの資源循環
内容:当社と墨田区の連携によるハブラシリサイクル活動の実施。すみだ清掃事務所による拠点回収後、当社指定リサイクル関連企業での再資源化。
開始日:2020年4月1日(水)よりハブラシ回収を開始
回収場所:墨田区庁舎をはじめとした公共施設、区内全公立小・中学校及び区内全公立保育園など、計85ヵ所

当社は、2019年6月に「LION Eco Challenge 2050」を目標に掲げ、事業を通じての「資源循環(プラスチック、水資源)」に努めています。今後も生活者のみなさんとともに、人と地球の健やかな未来に貢献してまいります。

【関連情報】
◆新環境目標「LION Eco Challenge 2050」
https://www.lion.co.jp/ja/csr/env/ecochallenge2050/

◆当社の循環型社会への取り組み
https://www.lion.co.jp/ja/csr/env/resources/

お問い合わせ窓口

報道関係の方

コーポレートコミュニケーションセンター

TEL:03-3621-6661

一覧に戻る