ページの先頭です

「プラーク」キーワードに歯周病予防技術を活用

Systema 歯磨剤(マレーシア)

マレーシアでは、歯周病罹患率が極めて高い一方で、歯周病認知率は低いという調査結果から、マレーシア向けの歯周病ケア歯磨剤の開発をスタートさせました。まず現地を調査した結果、マレーシアの生活者はブラッシング時の「泡立ち」や「泡の分散性」を重視することが明らかになりました。これらを受け、嗜好性の高い使用感で、生活者に馴染み深い「プラーク」をコミュニケーションキーワードに設定し、当社の強みである歯周病予防技術を活用したSystema歯磨剤を開発しました。

研究事例紹介