ページの先頭です

研究活動:基盤技術

界面科学

異なる2つの「もの」があれば、そのすべてに「界面」があり、この界面と切り離せないのが界面科学です。ライオンは100年以上、界面科学を研究し、時代に先駆けた新しい洗剤などを提供し続けてきました。近年、「環境配慮」をキーワードに植物のパームやしを原料に開発した界面活性剤が、洗浄力と生分解性を両立するとして世界から注目を集めています。また、空気と液体の界面現象である「泡」や、油と水の界面現象である「乳化」などの機構解明に世界最先端の技術を取り入れたり、界面活性剤にとらわれない未来の洗浄技術の開発に挑戦するなど、日々研究に邁進しています。

研究事例紹介

外部発表(界面科学)

  • 日本化学会 第97春季年会 (2017)

    Scattering and spectroscopic study on the hydration and phase behavior of surfactant solutions

  • 第56回日本油化学会 年会 (2017)

    An Updated Scattering and Spectroscopic Approach toward Industrially Relevant Micellar and Vesicular Systems

  • 第56回日本油化学会 年会 (2017)

    SFC-LC-MS/MSによる界面活性剤の一斉分析法の開発

  • 254th ACS National Meeting & Exposition (2017)

    Surface and interfacial structure of alkyl-side-chain polymer film and its correlation with the peel force

  • International SAXS Symposium 2017

    Industrial Applications of SAXS Techniques for Household and Personal-care products

  • International SAXS Symposium 2017

    Influence of additives on the lamellar structure of vesicles based on cationic surfactant

  • 14TH International Symposium on Biomineralization (2017)

    Structural changes in the mineral nanostructure of murine teeth and alveolar bone with age

ニュースリリース