閉じる

研究実績:2021年

口腔に関する技術

  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する歯磨剤の不活化効果とそのメカニズム解明

    第80回日本公衆衛生学会総会
    2021/12/21-12/23
    関根 由可里
  • A cross-sectional study of relationships between periodontal disease and general health: The Hitachi Oral Healthcare Survey

    BMC Oral Health
    2021/12/15
    Shinsuke Kataoka1), Mitsuo Kimura1),Tsuguno Yamaguchi1), Kenji Egashira1),Yu Yamamoto1), Yasushi Koike1),Yuki Ogawa1), Chika Fujiharu2), Toshiko Namai2), Kanako Taguchi2), Momoko Takahashi2), Asami Kameda2), Tomoka Kasen2),Asami Hano2), Konomi Kubota2),Masayuki Sato1), Hiroaki Yamaga1), Kaori Nohara2), Mikiko Shirasawa2), Chika Sekine2), Maki Fukuda2), Arisa Aoki2),Yurina Takeuchi2), Misaki Mugiyama2), Kenta Mori4), Keigo Sawada 4) Yoichiro Kashiwagi4), Masahiro Kitamura4), Takeshi Hayashi3),Tohru Nakagawa3), Shinya Murakami4)
    1) Research & Development Head Quarters, LION Corporation,2) The LION Foundation for Dental Health (Public Interest Incorporated Foundation), 3) Hitachi Health Care Center, Hitachi Limited,4) Faculty of Dentistry, Osaka University
  • 新規口腔内フッ化物滞留徐放制御技術の検討

    日本歯科保存学会2021年度秋季学術大会
    2021/10/28-11/10
    小野 真一
  • まがる・おれない安全歯ブラシはなぜ折れずに磨けるか?~子供の喉突き事故を防ぎたい想いが産んだ、歯ブラシに隠された秘密~

    日本小児歯科学会第36回関東地方会大会・総会
    2021/10/17-10/23
    蜂須賀 良祐
  • 薬用歯磨剤有効成分におけるRANKL誘導性破骨細胞分化への影響解析

    第64回秋季日本歯周病学会
    2021/10/15-10/16
    山本 悠
  • 次世代シークエンサーを用いた出生から生後36か月までの主要な口腔細菌推移の解析

    第63回歯科基礎医学会学術大会
    2021/10/9-10/11
    山 和馬
  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染関連因子TMPRSS2活性に対する歯磨剤及び洗口剤成分の阻害作用

    第63回歯科基礎医学会学術大会
    2021/10/9-10/11
    牧野 莉帆
  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染関連因子Sタンパク-ACE2結合に対する歯磨剤及び洗口剤成分の阻害作用

    第63回歯科基礎医学会学術大会
    2021/10/9-10/11
    柚鳥 眞里
  • The inhibitory effects of toothpaste and mouthwash ingredients on SARS-CoV-2 spike protein-ACE2 interaction, and TMPRSS2 protease activity in vitro

    The 14th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry
    2021/10/1-10/3
    岩本 拓
  • The Usefulness of an Oral-Health Promotion Program on Japanese Working-Age Population: A Pilot Study.

    The 14th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry
    2021/10/1-10/3
    青山 薫英
  • Oral care product flavors may prevent respiratory tract infections through promoting airway mucosal clearance

    The 14th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry
    2021/10/1-10/3
    小池 泰志
  • Potential role of oral care practices in preventing SARS-CoV-2 infection in the era of the “new normal”

    The 14th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry
    2021/10/1-10/3
    堤 康太
  • The inhibitory effects of toothpaste and mouthwash ingredients on the interaction between the SARS-CoV-2 spike protein and ACE2, and the protease activity of TMPRSS2, in vitro

    PLOS ONE
    2021/9/17
    Riho Tateyama-Makino1), Mari Abe-Yutori1), Taku Iwamoto1), Kota Tsutsumi1), Motonori Tsuji2),Satoru Morishita1), Kei Kurita1), Yukio Yamamoto1), Eiji Nishinaga1),Keiichi Tsukinoki3)
    1) Research & Development Headquarters, Lion Corporation, 2) Institute of Molecular Function, 3) Division of Environmental Pathology, Department of Oral Science, Kanagawa Dental University
  • 一般地域住民の口腔清掃習慣と口臭に関する実態調査

    第18回日本口腔ケア学会総会
    2021/4/17-4/18
    内山 千代子
  • 新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)感染関連因子Sタンパク-ACE2結合に対する歯磨剤及び洗口剤成分の阻害作用

    日本化学会 第101春季年会 (2021)
    2021/3/19-3/21
    柚鳥 眞里
  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染関連因子TMPRSS2活性に対する歯磨剤及び洗口剤成分の阻害作用

    日本化学会 第101春季年会 (2021)
    2021/3/19-3/21
    牧野 莉帆
  • The effect of aging on the nanostructure of murine alveolar bone and dentin

    Journal of Bone and Mineral Metabolism volume 39, pages757–768 (2021)
    2021/3/11
    Chika Akabane1),2), Silvia Pabisch2), Wolfgang Wagermaier2), Andreas Roschger2),3), Norio Tobori1), Tomomichi Okano1). Shinya Murakami4), Peter Fratzl2), Richard Weinkamer2)
    1) Research & Development Headquarters, Lion Corporation, 2) Department of Biomaterials, Max Planck Institute of Colloids and Interfaces, Potsdam, Germany, 3) Department of Chemistry and Physics of Materials, Paris-Lodron-University of Salzburg, Salzburg, Austria, 4) Department of Periodontology, Graduate School of Dentistry, Osaka University, Osaka, Japan
  • Comparison of oral microbiome profiles in 18-month-old infants and their parents

    Scientific Reports volume 11:861 (2021)
    2020/1/13
    Ryutaro Jo, Kazuma Yama, Yuto Aita, Kota Tsutsumi, Chikako Ishihara, Masato Maruyama, Eiji Nishinaga & Ken-ichiro Shibasaki
    Research and Development Headquarters, Lion Corporation
  • Material design of intelligent plastic products with sound generation function due to snap-through buckling

    Engineering Research Express, Volume 3.
    2021/1/11
    Ryosuke Hachisuka1),2), Reona Noda2), Masayuki Yamaguchi1)
    1) School of Materials Science, Japan Advanced Institute of Science and Technology, 2) Research & Development Headquarters,Lion Corporation
  • 各種飲料による象牙質の着色性・除去性に関する基礎的研究

    第70回日本口腔衛生学会・総会
    岩崎 彩佳

界面に関する技術

  • 小角・広角X線散乱法によるクロルヒドロキシアルミニウムの形成するナノ粒子及びゲルネットワークの構造解析

    第72回 コロイドおよび界面化学討論会
    2021/9/15-9/17
    高野 幸子
  • 硫酸イオンによるカチオン界面活性剤のウイルス不活化増強効果

    日本油化学会第60回年会
    2021/9/6-9/11
    斎藤 玲
  • 衣料用柔軟剤における香料カプセルの分散安定化技術 ~枯渇凝集に基づくベシクル系での粘弾性制御~

    日本油化学会第60回年会
    2021/9/6-9/11
    宮島 亜佐美
  • 簡易洗浄に向けた強固付着ケラチンに対する界面活性剤とキレート剤の相乗効果

    日本油化学会第60回年会
    2021/9/6-9/11
    須藤 慎也
  • 胆汁酸塩/リン脂質混合ミセルに可溶化された脂溶性物質の生体膜モデル透過挙動

    日本油化学会第60回年会
    2021/9/6-9/11
    石動 更

香料に関する技術

  • 衣料用柔軟剤の香りの嗜好性に関わる脳活動の解析

    2021年度 日本味と匂学会 第55回大会
    2021/10/19-10/21
    斎藤 快

安全性に関する技術

  • The within- and between-laboratories reproducibility and predictive capacity of Amino acid Derivative Reactivity Assay using 4 mM test chemical solution: Results of ring study implemented at five participating laboratories.

    Journal of Applied Toxicology 2022 Feb;42(2):318-333.
    2021/12/1
    Masaharu Fujita1), Yusuke Yamamoto1), Sayaka Wanibuchi1), Shinichi Watanabe2), Hiroaki Yamaga2), Koji Wakabayashi3), Yu Tahara3), Nobuyuki Horie4), Keiichi Fujimoto4), Kazuya Takeuchi5), Kohei Kamiya5), Tsuyoshi Kawakami6), Kohichi Kojima7), Takashi Sozu8), Hajime Kojima9), Toshihiko Kasahara1), Atsushi Ono10)
    1) Safety Evaluation Center, Fujifilm Corporation,2) Lion Corporation, 3) Chemical Safety Department, Mitsui Chemicals, Inc., 4) Environmental Health Science Laboratory, Sumitomo Chemical Co., Ltd., 5) Biological Research Laboratories, Nissan Chemical Corporation, 6) Division of Environmental Chemistry, National Institute of Health Sciences, 7) Food and Drug Safety Center, 8) Faculty of Engineering, Tokyo University of Science, 9) Biological Safety Research Center, Division of Risk Assessment, National Institute of Health Sciences, 10) Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences, Division of Pharmaceutical Sciences, Okayama University
  • 高疎水性物質の評価に適用可能な新規皮膚感作性試験代替法の開発:Amino acid Reactivity Assay-Organic Solvent (ADRA-OS) reaction system

    日本動物実験代替法学会 第34回大会
    2021/11/11-11/13
    山鹿 宏彰(富士フィルム共同研究)
  • 皮膚感作性試験代替法Epidermal Sensitization Assay(EpiSensA)のValidation研究

    日本動物実験代替法学会 第34回大会
    2021/11/11-11/13
    上野 順子
  • 日本動物実験代替法学会第34回大会 優秀演題賞受賞
    口唇用途原料及び化粧品のヒト3次元口腔粘膜モデルを用いた口腔粘膜刺激性の予測

    日本動物実験代替法学会 第34回大会
    2021/11/11-11/13
    花王株式会社、サンスター株式会社共同研究
  • 第48回日本毒性学会学術年会 優秀研究発表賞受賞
    ヒト3次元培養口腔粘膜モデルを用いる口腔粘膜刺激性試験代替法の開発-刺激性/無刺激性区分のためのクライテリアの検証-

    第48回日本毒性学会学術年会
    2021/7/7-7/9
    相澤 聖也(花王株式会社、サンスター株式会社共同研究)
  • Amino acid derivative reactivity assay-organic solvent reaction system: A novel alternative test for skin sensitization capable of assessing highly hydrophobic substances

    Journal of Applied Toxicology
    2021/2/26
    Hiroaki Yamaga1),Shinichi Watanabe1), Masaharu Fujita2), Yusuke Yamamoto2), Toshihiko Kasahara2),Shinsuke Kataoka1)
    1) Safety Science Research Laboratories, Lion Corporation, 2) Safety Evaluation Center, Fujifilm Corporation

分析に関する技術

  • 溶剤の殺菌効果解析-界面活性剤組成系での効果-

    第48回年次大会日本防菌防黴学会年次大会
    2021/9/8-9/9
    中島 敬祐
  • トイレタリー製品の開発における質量分析の役割 ~臭気成分分析を事例として~

    第47回BMSコンファレンス(BMS2020/2021)
    2021/7/12-7/14
    筒井 拓也
  • 原子間力顕微鏡(AFM)を用いた歯科医院向け製品のコミュニケーション拡大業務への貢献

    第81回分析化学討論会
    2021/5/22-5/23
    橋本 遼太

生命科学に関する技術

  • Factor analysis of changes in vitality of workers during the COVID-19 pandemic

    第28回日本時間生物学会学術大会
    2021/11/20-11/21
    水光 貴彦
  • 就労者への睡眠改善サービス導入による心身健康や組織状態への影響

    第28回日本時間生物学会学術大会
    2021/11/20-11/21
    沢田 あゆみ
  • 新型コロナウイルス感染症流行下における睡眠の質と生産性の低下について

    日本睡眠学会第46回定期学術集会
    2021/9/23-9/24
    永盛 友樹
  • 就労者への睡眠改善サービス導入による心身健康や組織状態への影響

    日本睡眠学会第46回定期学術集会
    2021/9/23-9/24
    沢田 あゆみ
  • “良質睡眠習慣”でやりたいことをやろう! ~睡眠研究から見えてきたこと~

    第11回CSJ化学フェスタ2021
    2021/9/22-9/24
    岩井 崇郎
  • 清酒酵母の機能性 -睡眠の質改善作用-

    第23回酵母合同シンポジウム
    2021/9/2-9/3
    佐野 朋美
  • 就労者における歯磨きの頻度と健康関連因子の関連

    第8回日本時間栄養学会学術大会
    2021/8/27-8/28
    岩井 崇郎
  • 独自のin vitro運動モデルの構築及びβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸(HMB)の作用メカニズム解析への応用

    第29回日本運動生理学会大会
    2021/8/20-8/21
    佐藤 聡子
  • Irregular meal timing is associated to the mental health in Japanese workers.

    Nutrients
    2021/8/13
    Yu Tahara1), Saneyuki Makino1), Takahiko Suiko2), Yuki Nagamori2), Takao Iwai2), Megumi Aono2), and Shi-genobu Shibata1)
    1) Laboratory of Physiology and Pharmacology, School of Advanced Science and Engineering, Waseda University, 2) Research and Development Headquarters, Lion Corporation
  • 各人の睡眠状態に応じたソリューションにより睡眠・生産性を改善

    健康経営ソリューション紹介のオンラインセミナー([主催]株式会社フェアワーク)
    2021/6/29
    市野瀬 拓也
  • 固体蛋白質の経時での凝集挙動及び物理的特性に対する低分子量凝集体の影響

    日本薬学会第141年会
    2021/3/26-3/29
    満留 卓実

住まいと衣類のケア

  • Preventing odor when drying clothes indoors

    2021 AOCS Annual Meeting & Expo
    2021/5/3-5/14
    伏谷 将典

メディカルケア

  • Alteration in meibum lipid composition and subjective symptoms due to aging and meibomian gland dysfunction

    The Ocular Surface
    2021/10/16
    Tomo Suzuki1),2), Koji Kitazawa1), Yuko Cho1),2), Masataka Yoshida3), Takashi Okumura3), Atsushi Sato3), Shigeru Kinoshita4)
    1) Department of Ophthalmology, Kyoto Prefectural University of Medicine, 2) Department of Ophthalmology, Kyoto City Hospital Organization, 3) Research and Development Headquarters, Lion Corporation, 4) Department of Frontier Medical Science and Technology for Ophthalmology, Kyoto Prefectural University of Medicine
  • ロキソプロフェンナトリウム水和物を用いた、投与経路の違いによる疼痛関連組織への薬物到達挙動の比較

    第54回日本薬剤師会学術大会
    2021/9/19-9/20
    工藤 康史
  • イブプロフェン起因性小腸傷害に対するアセトアミノフェンの有用性

    日本消化器病学会雑誌 2021 年 118 巻 9 号 p. 840-850
    2021/9/10
    北原 美優, 坂本 裕樹, 木村 龍人, 関 桂子
  • Improvement of Evaporative Dry Eye with Meibomian Gland Dysfunction in Model Mice by Treatment with Ophthalmic Solution Containing Mineral Oil

    Translational Vision Science & Technology April 2021, Vol.10, 21.
    2021/4/20
    Keisuke Watanabe1), Masataka Yoshida1), Takashi Okumura1), Takayuki Sassa2), Akio Kihara2), Akira Uchiyama1)
    1) Research and Development Headquarters, Lion Corporation, 2) Laboratory of Biochemistry, Faculty of Pharmaceutical Sciences
  • アセトアミノフェンによるNSAIDs起因性小腸粘膜傷害抑制メカニズムの検討

    第107回 日本消化器病学会 総会
    2021/4/15-4/17
    関 桂子
  • アセトアミノフェンによるイブプロフェン起因性小腸粘膜傷害抑制と細菌叢の関連性解明

    第107回 日本消化器病学会 総会
    2021/4/15-4/17
    會田 悠人

カラダのケア

  • ウェルビーイングが持続可能な地方のまち・ひと・しごと創生のキーファクターに~地域課題解決の一筋の光を見出す愛媛の地域で取組むウェルビーイング経営の紹介~

    ウェルビーイング エキスポ&カンファレンス ​2021 Autumn
    2021/11/4-11/5
    市野瀬 拓也
  • 家庭内におけるウイルス接触伝播に着目したケア効果可視化の取り組み

    第53回洗浄に関するシンポジウム
    2021/10/12-10/15
    大竹 景子
  • 口・目・肌への乾燥(ドライシンドローム)対応素材と機能性表示食品開発

    食品開発展2021
    2021/10/6-10/8
    岩井 崇郎
  • 正しい手洗い、うがい、消毒の方法とその効果について

    第72回コロイドおよび界面化学討論会
    2021/9/15-9/21
    尾本 百合子
  • 保湿性と触感に優れたスキンケア洗浄剤の開発

    「肌荒れ手荒れ防止・保湿化粧品開発と最新技術」講演
    2021/5/28
    鈴木 律裕
  • 腸溶性ラクトフェリンの内臓脂肪低減効果とその作用メカニズムについて

    ifia/HFE JAPAN2021
    2021/5/12-5/14
    山口 翼
  • 洗浄化粧品

    第52回化粧品技術基礎講習会
    2021/2/15-2/19
    土岐 梨彩子

Share