ページの先頭です

研究開発の歴史

ライオンの礎となる研究開発の変遷

消費者に寄り添い120年以上歩み続けてきたライオンの研究開発への想いを当時の出来事とともに振り返ってみます。ここでは「ライオン発展の礎となった研究」と「今後のライオンを導く技術」にスポットを当てています。

創業期の研究開発

歴史的意義の高い発明の数々

1891

小林富次郎商店開設

1894

日清戦争

1896

歯磨第1号 獅子印ライオン 歯磨の発売開始。
短期間に高品質製品を次々と発売。

1903

ライト兄弟動力飛行成功

1907

東京小石川に「小林試験所」開設。
研究開発施設の原点が始まる。

1910

ドイツより「オートクレーブ(工業用高圧油脂分解器)」を輸入。その後40年にわたり製品製造を支えた。

1912

タイタニック号沈没

1918

株式会社小林商店と
ライオン石鹸株式会社に分社

1933

平井工場第一期工事終了

1946

日本国憲法公布
食糧メーデー(飯米獲得人民大会)

1948

日本で初めてのフッ素入り歯磨き「ライオンFクリーム」を発売。

1956

野菜・食器用洗剤「ライポンF」の発売

1958

東京タワー

1961

ソ連有人宇宙飛行成功

1961

美白効果を謳う「ホワイトライオン」の発売

環境配慮型製品の誕生

地球環境保全を念頭に研究開発を推進

1962

日本初 制泡性「ハイトップ」の発売

1964

東京オリンピック

1964

小田原工場竣工

1968

大阪工場竣工

1971

新本社ビル竣工

1973

第1次オイルショック

1973

日本初無リン洗剤「せせらぎ」発売

1978

成田空港開港

1979

「酵素パワーのトップ」 発売

詳細

当時、社会問題となっていた湖沼の水質悪化の要因とされていたリンに代わり、顆粒状にカプセル化した酵素での洗浄力強化に成功した低リン衣料用洗剤。
(翌1980年「無りんトップ」発売)

1980

ライオン株式会社誕生

1982

千葉工場竣工

1985

つくば科学万博

1989

平成に改元

1991

パームヤシを使用した「スパーク」発売

1991

バブル崩壊
ソ連解体

1992

100%植物原料の「エメロン植物物語」発売

消費者に寄り添う研究活動

多様化するニーズの対応とヘルスケアの提案へ

1996

O157集団食中毒

1997

殺菌成分配合「キレイキレイ薬用ハンドソープ」発売

詳細

パッケージには親しみやすいイラストを入れ「家族の清潔習慣」を広め続けて、2000年以降ハンドソープ市場でNo.1ブランドになっています。

2001

「部屋干しトップ」発売

2005

京都議定書

2009

平井事業所に新研究施設が竣工

2010

「トップNANOX」発売

詳細

ライオンが世界で初めて工業化に成功した植物由来の高洗浄力成分MEE(界面活性剤・メチルエステルエトキシレート)を高濃度配合した超コンパクト洗濯用液体洗剤

2011

東日本大震災

2012

「ルックお風呂の防カビくん煙剤」発売

詳細

今までになかった浴室の天井からのカビに着目し、「くん煙」での防カビという新しいコンセプトを打ち出すとともに、銀イオンでの確実な効果を実証しました。

2012

東京スカイツリー

2013

富士山世界遺産

2016

「hadakara」の発売

2016

「サリバリーマルチテスト」 の実用化

詳細

歯と歯ぐきの健康および口内の清潔度に関連する多項目の唾液因子を5分間で客観的な数値として測定できる唾液検査システムを開発し、実用化に成功。